第6回八王子お店大賞受賞店 八王子の人気店や老舗の名店、地産・地消・地活をテーマに選ばれたオススメ店

第6回八王子お店大賞受賞店 八王子の人気店や老舗の名店、地産・地消・地活をテーマに選ばれたオススメ店

八王子商工会議所主催で毎年開催されている「八王子お店大賞」。 その第6回(2016年)に選考されたお店のまとめです。

キーワード
ランチ
個室
子連れ
テラス
ケーキ
名物
駐車場あり
お土産

記事作成日:2017/05/06

1973view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

地産・地消・地活!

いつも人気で行列が出来ているお店や、老舗の名店、地産・地消・地活に取り組んで地域に貢献しているお店など、八王子でメジャーなお店ばかり♪ 飲食部門4店、小売・サービス部門4店、そして第6回からは特別賞のお店を含み、ここでは食べログに関係するお店をまとめました。 お店には賞状と盾、そして大きなノボリが贈られているので、お店によっては飾っているところもあります。

9cc0ead3c4b6e132c6cf19d6e16674c8

車家

八王子には美味しいお蕎麦屋さんがたくさんありますが、名前を挙げると必ず登場するのが「車家」さんです。 古民家を移築したお店で、木肌の美しさと落ち着いた雰囲気、この豊かな空間の中でお蕎麦を頂けると思うだけで嬉しくなります。

「鴨南蛮御膳 (3800円)」
- 先付け、とろろ豆腐
- 旬菜盛り合わせ
- 季節のそばがき椀 又は そばがき
- お造り
- 季節の煮物
- 鴨せいろ 又は 鴨南蛮そば(うどん)
- 自家製甘味

どれも新鮮で、優雅な味わいでした。 さすが車家さんのクオリティーですね。
お蕎麦と一緒に頂くと、期待以上に蕎麦の豊かな香りが広がります。 鴨はしっかりと炙ってあり、香ばしさと一緒に頂けます。 鴨のつけ汁はやや甘めで濃厚に仕上がっているので、しっかりとつけて食べると味わいが深いな~と思いました。

決して格式の高いお店ではなく、気軽にファミリーでお昼を食べに来ているお客さんもたくさんいます。 ボクも、何気にふらっとお蕎麦を食べに来た感じですが、気軽にお迎えしてもらえました。

お蕎麦だけでも十分満足できますが、御膳も素晴らしかったです。 ちょっと奮発してみても、それだけ満足感の高いお蕎麦が頂けます。 全てにおいて車家さんの品質の高さがわかる旬の素材を生かした料理、全体の流れや構成から、お蕎麦と一緒に美味しく頂けます。

場所は駅からはちょっと遠いので車のほうが便利、駐車場も完備されています。

八王子市街から南大沢に抜ける野猿街道の下柚木交番前の交差点近くにあります。 古民家を移築した店舗になっていて、お蕎麦を頂く雰囲気としても最高の空間です。 もはや料亭という感じもする佇まいです。

煮干鰮らーめん 圓

八王子の誇るラーメンの名店は、いつしか日本を代表するラーメンの名店になっていました。

スープは、清涼感もあって和風な味わい、煮干しと鰹出汁の風味に澄んだ香り、この透明感がすばらしいです♪

それでも、数年前に初めて食べたときに比べると、やはりブレがあると感じました。 このスープを作るのって本当に難しいのですね。 さっぱりとした味わいというよりは、それを超える清廉さと透明感を求めてしまう「煮干鰮らーめん 圓」の煮干しラーメン。

基本の「煮干ラーメン 700円」♪
食券を買うところの横に新聞の取材記事があって、店主は赤坂の高級寿司店で20年板前をやっていたとのこと。

スープを飲んでみると、あっさりしているようで煮干しがしっかりと効いている。 誰が食べても煮干しだとハッキリわかる味わいで、かつスッキリと飲める感覚。 最近のラーメンはいろいろあってどれも勢いを感じさせますが、「煮干鰮らーめん圓」のラーメンは上品さを感じさせます。

JR八王子駅北口から徒歩7分くらいの路地にあります。 甲州街道を越えて住宅街の中にこじんまりとしたお店ですが、いつも行列がてきでいる人気店です。

濃厚たっぷり煮干しダシというよりも、煮干しの良いところだけで作られた洗練されたスープに感じます。 ボクが持つ圓さんのラーメンのイメージは「淡麗」♪ 日本食を大事にする出汁文化、趣を大事にされているのかなと勝手ながらですが感じています

ろくざん亭

平日昼限定「高尾三昧 (2300円)」
前菜八種・梅香蒸し・焼物・揚物・御食事(炊き込みご飯、麺類等)・サラダ・クリームあんみつのコースになります。 コースでは一番安いものなのですが、十分に楽しめて満足できるものでした。 お店の雰囲気だけでなく、料理が美味しい~♪

写真は「前菜八種」。
玉子焼・鶏肉を蒸したようなもの・おかひじき・人参の酢の物・海老芋・下仁田ネギの辛し酢味噌・篠田巻・小松菜の煮浸しで8種でした。

2300円ってランチだとちょっと高めのお値段ですが、このお店で食べるとすっごくコスパ良く感じますね。 これだけの料理、お店の雰囲気、ゆったりとした個室の中でいただいた「高尾三昧 (2300円)」、最高でした♪

入口を入ると、昔の家の土間のような空間で、合掌造りの天井は吹き抜けで開放感があります。

古い木がたくさん使われていて、すごくいい雰囲気の中、大きなアンティーク風な灯りで全体がともされています。 二階に上がると、すごく昔のものと思われる、古道具や骨董品なども飾られています。

席は基本個室になるようでした。 ゆったりとできて気持ちいです。 なんて温かみのある部屋♪ すごく昔ながらの雰囲気で、昭和というか明治時代くらい昔のイメージなんでしょうか、なんだか落ち着いたゆっくりとした空間での食事です。

高尾山の帰りにいつも気になっていた「ろくざん亭」さんですが、想像以上にステキなお店でした! 甲州街道から少し脇の小道に入っていったところで、高尾山口駅から徒歩で10分くらいの場所になります。

小道を奥のほうまで行くと、古民家のような造りの建物が見えてきます。 駐車場もありますし、送迎バスもあるようでした。 こちらは、150年以上昔の古民家や農家の古材を長野県などから集めて建てられたとのことです。 見るからにすっごく趣があっていいな~っと思います。

長年愛されている美味しいコーヒーの頂ける喫茶店です。

写真は「魅惑の炎 アイリッシュ・コーヒー (950円)」

グラスを斜めに傾けて回すためのスタンドが置かれ、真ん中にアルコールランプが設置されています。

そして、サイフォンに淹れられたコーヒーがスタンド付きで運ばれてきます。 その他、生クリームがスプーンにのっていて、砂糖も用意されて準備完了、というところで店内の照明が落とされます。

グラスの中のウイスキーに火を入れると、青白い炎がふわっと立ち上がる。 おお~、これはかっこいい♪

シンプルに豆の苦味や風味を楽しむコーヒーもいいですし、たまにはこういうエンターテイメントなコーヒーもいいな~っと思います。

この「アイリッシュ・コーヒー」って、1940年代後半、アイルランドのシャノン空港のバーのチーフバーテンダーによって考案されたもののようです。 飛行機で給油のために機外に下ろされるお客さんに温まってもらうためん、カクテルとしてコーヒーに特産のアイリッシュウイスキーを入れて、酪農の盛んな国柄を印象づけるために生クリームを浮かべて滑らかな口当たりにしたものだそうです。

場所は八王子の繁華街三崎町です。 八王子駅からも徒歩3分くらい。 ご夫婦でこちらでお店を開いて50年近くになるそうです。

外からは中の様子がわからないので、どんな感じなんだろうとは思ってました。 大きなスモークガラスで、中からは普通に外の様子が明るく見えるようになっているのですね。

マスターのコーヒーに対するこだわりを強く感じるお店だということがよくわかりました。

コーヒーの種類も豊富で、自家焙煎で丁寧に一杯一杯淹れてくれるお店です。 ホッと落ち着いてゆっくりと美味しい珈琲をいただけるような、そんなお店でした。

つるや製菓

「つるや製菓」という名前には馴染みはないのですが、「都まんじゅう」と言えば、八王子市民では知らない人はいないでしょう。 八王子の銘菓ですね~♪  ずっとあり続けて欲しい八王子の伝統、名物、誰もが知っている「都まんじゅう」。

小さくて平たい白餡のまんじゅうで、白いんげんで作っているのが特徴です。 ガラス張りの路面店でおばちゃん達が一生懸命焼いてくれていて、通りから香ばしく焼けるところをいつも見ながら通ってます。

外からは、くるくると回りながら「都まんじゅう」が作られているところが見られます。 これだけを見ていても楽しめますね~♪

なんとなくほっこりとするような雰囲気もあり、八王子の銘菓にふさわしいです。 会社でもよくお土産に買ってきて食べていたり、みんなに配られていたりもしています。

JR八王子駅北口を出て左側の「ユーロード」が一番の繁華街、その一等地に長く君臨しています。 ドンキの少し手前になります。

時間帯によっては行列が出来ているのもよく見かけます。 八王子お店大賞にふさわしいお店の一つですね、おめでとうございます!

カザーナ・コーヒー 八日町店

コーヒーへのこだわりがすごいな~っと思えるお店です。

「ドリップコーヒー (400円)」は、本日のおススメで2種類選ばれています。

この日は「ケニア キアマバラ・ファクトリー」と「インドネシア スマトラ島 LCFマンデリン」のもの。 選ぶときにはすごく丁寧に味わいのことなどを説明してくれます。

一杯一杯を丁寧にドリップして淹れてくれます。 風味と程よい甘みを感じるもので、苦味はあまりないので美味しく飲みやすい珈琲だなと思いました。 果実感というまではボクには感じられませんでしたが、スッキリと飲みやすい印象でした。

「アフォガード (500円)」は、「磯沼ミルクファーム」のアイスクリームにエスプレッソです。 磯沼牧場のアイスは「みるくの黄金律のアイス」として有名、これも八王子の誇るアイスですね♪ まさに地産地消です。

店内は、イートインスペースもあって、テラス席も用意されています。

こじんまりとしていて、どちらかというと珈琲豆の販売がメインで、イートインスペースはそれほど広くはありません。 店内で8席分で、ベンチのような椅子で、その間に小さなテーブルを置いているような感じです。 テラス席は2名掛けのテーブル席が3卓で、夏なら暖かくて気持ちよさげです。

場所はJR八王子駅から徒歩10分くらい、ユーミンのご実家の「荒井呉服店」の隣の建物になります。珈琲豆を買いに来るお客さんにも、その人の好みがどういうものかを丁寧に会話して、それにあった焙煎や豆を選んで販売されている様子が伺えます。 みなさん、珈琲の知識が半端ないですね、話を聞いているだけで驚きます。

もともと、みずき通り沿いで「カザーナ・コーヒー」が出来てから10年になるそうで、その後、こちらの八日町に移ってから2年ですね。 ディードリッヒ社の焙煎機は今も健在だそうで、これからも八王子で美味しい珈琲を提供してくれるステキなお店であり続けて欲しいです。

チクテベーカリー 南大沢店

南大沢の団地の中にあって、このお店の周りだけはいつも人手賑わっています。

スコーンは全粒粉のもので、艶っとしていて、側面はパリッとしたタイプでした。
ほんのりと甘みもあって、ぽろぽろ~っと口の中で崩れていく食感、なかなか美味しいです。 ただ、ちょっと待ちすぎてしまって、味わう気分じゃなくなってしまったというのが本音です。 お隣のお母さんもお子さんも待ちくたびれて、疲れてしまっているようでした。

「バゲット カンパーニュ 大 (360円)」がおススメ、ライ麦の入った感パーニュ生地のバケットです。

かなりむっちり系のハードパンだと思ったのですが、意外にもふわっと柔らかくて食べやすいタイプでした。 中はむっちりと詰まっているのですが、口当たりはソフトなのが気に入りました。 ほんのりとした独特の酸味と、小麦粉の風味が合わさって、キメの細かさが際立つバゲットで美味しかったです。

「リュスティック ペッパー (260円)」もハード系ですが、皮が薄くてパリッと、中はむっちりとして口当たりも柔らかく感じます。
グリーンペッパーやカシューナッツが入って、なかなか美味しい。 軽くオリーブオイルとか付けて食べても美味しいだろうな~っと思う、風味豊かなパンでした。

八王子の南大沢団地内の商店街にある人気のパン屋さん。 商店街とは言っても団地の敷地内の一角にあって、ちょっと閑散としている寂しい感じの場所ですが、こちらの「チクテベーカリー 南大沢店」だけはいつも人で賑わっています。

電車ですと京王相模原線の南大沢駅から徒歩で10分くらいの場所だと思います。

店内はかなりこじんまりとしていて、入口から入ってすぐに、ずら~っとパンが並べられています。

カキノキテラス

八王子お店大賞も今年で6回目、今年から「特別賞」ができたのですね♪
カキノキテラスさんは比較的新しいお店ですが、かなりの人気店です。 まずは「特別賞」の受賞おめでとうございます。

ランチタイムのメニューはどれもステキで、カレーは7種類くらいでした。写真は「12品目の旬の野菜カレー (1180円)」。
ご飯は雑穀米で、大盛にしたのでかなりたっぷり♪

その上には、色鮮やかにたくさんの野菜が乗ってます。 ところどころ素揚げだったり生野菜だったり、かなり丁寧に調理されているな~っという印象です。

カレーは小さな銀色のお鍋に入って、食器もお店のコンセプトに合わせて揃えている感じですね。 カレーを雑穀米にかけて食べてみると、しっとりとコクがある感じで美味しい!

もともと数寄屋づくりの古民家を改築したお店で、ステキな雰囲気になっています。

天井は高くてシーリングファンが回っています、開放感もあって落ち着いた空間ですね。 外には結構広いテラス席があって、お店の名前にもなっている大きな柿の木の木陰で、涼しげなテラスになっています。

ステキな雰囲気を味わっていたら、いきなりゴツっと頭をぶつけました。 部屋と部屋の間の敷居があるところは、かなり上の柱が低いので背の高い方は要注意(笑)

八王子の田町にあります、JR八王子駅北口からは徒歩15分以上はかかると思います、歩くとちょっと遠い距離です。

平日のランチタイムに行ったのですが、13時を過ぎてもかなり混んでました。

場所的にもサラリーマン向けという感じではなく、ママさん達が優雅に子供連れでランチタイムをのんびりと楽しんでいる雰囲気でした。

デザイナーさんが入って設計・内装されているらしく、特に女性に好まれそうな造りだな~っと思います。 開店当初に行ったのですが、ここは人気が出るだろうな~っとは思ってました♪

patisserie kei

こちらは小売・サービス部門の特別賞のお店です。 八王子の甲州街道沿いの「夢五房」に入っている「patisserie kei」さん。

「フルーツエクレア (410円)」が美味しかったな~♪ エクレアにとちおとめを使ったものだそうで、すっきりと甘みのあるイチゴが美味しいです。

層になっているカスタードと生クリームも甘さ控えめで、さっぱりとしていてパクッと食べたときのバランスもよいですね。 シンプルで飽きのこない味わいだと思います。 目立たない中で、そっと主役を引き立てるような、そんな味わいの洋菓子なんじゃないかと思います。

パンは、「キタノカオリ」と同じ生地で作っているらしいです。

黄色味がかかった色が特徴で、もっちりとした食感に焼きあがるんだそうです。 甘みのあるイタリアのある塩を使っているとの説明がありました。 確かに、他で食べる「塩パン」と比べても独特の塩の味わいを感じました。 ほんのりとした塩味がねっとりと絡んでくるような口当たりに、小麦の風味が際立っています。

パンはどれも、毎日でも食べれそうな安定感のあるチーズパンでした。 パン生地のしっとり感がいいですね。

八王子商工会議所が管理・運営する商業スペースで5つほどお店が連なってますが、スペースが小さいせいか飲食店というよりは、販売店向きなのかもしれません。 場所は、八王子駅北口から徒歩10分くらいです。

店内ではケーキやクッキーなどの洋菓子を中心に売られています。 月曜日と金曜日は「パンの日」になっています。

WE LOVE 八王子!

※本記事は、2017/05/06に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ