本場の佐野ラーメンは一味違う!おすすめのラーメン店20選

出典:柴犬が好きさん

本場の佐野ラーメンは一味違う!おすすめのラーメン店20選

栃木県の佐野市には、佐野ラーメンというご当地グルメがあるのはご存知ですか。佐野ラーメンは醤油スープに、青竹打ちという竹を使用して延ばしたコシのある平打ち麺が特徴です。今回は美味しい佐野ラーメンを体験できる、おすすめのお店をまとめました。佐野市に訪れた際は、本場の佐野ラーメンを思う存分満喫しましょう。

更新日:2021/04/27 (2018/12/27作成)

56656view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる1913の口コミを参考にまとめました。

【佐野市内】佐野市駅周辺にあるラーメンがおすすめのお店

青竹手打ラーメン 日向屋

ラーメンEAST百名店2020選出店

3.75

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

青竹手打ラーメン 日向屋

青竹打ち麺に透明感ある醤油スープなど、基本に忠実な王道佐野ラーメンを味わえるという「青竹手打ラーメン 日向屋」。

佐野市駅からは車で8分ほどと、佐野市郊外にありながら、行列待ちができることも多いという人気店だそうです。

青竹手打ラーメン 日向屋

佐野ラーメンの奥深さを満喫したいなら、スタンダードな「ラーメン」がおすすめです。

鶏ガラの風味も漂うという、クリアに澄んだ醤油味のスープ。青竹打ちによる自家製麺も、スープがよく馴染む心地よい口当たりとのこと。

パンチの効いた濃厚な味わいを希望の人は、写真の「チャーシューメン」が最適とのこと。

「煮たまご」や「ニンニク」など、トッピングも豊富にあります。自分好みにカスタムするのもおすすめですよ。

・ラーメン
スープが優しい醬油味。個性的なパンチやクセがなく、毎日食べたい身体に染み渡る味で、スープを飲み続けてしまった。お次に麺!特徴の青竹手打ちの麺は、喉越しもよくヒダが優しくスープにもよく絡みます。メンマやネギも新鮮で味付けが丁度よく、麺とスープのバランスを邪魔しない優しい味付け。

出典: tanaken7さんの口コミ

旅行がてら立ち寄ってみました。1時間弱並んでの入店。焦らされたのもあってかすごく美味しく感じました。チャーシュー麺煮卵トッピングに餃子(^^)あっさりした出汁に柔らかチャーシューが良く合う!餃子も野菜たっぷりで甘味がしっかり出ていて大満足(^^)旅のいい思い出になりました!

出典: ナカメの守護神さんの口コミ

麺屋 ようすけ

ラーメンEAST百名店2020選出店

3.74

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

麺屋 ようすけ

青竹手打ちによる渾身の佐野ラーメンを味わえるという、「麺屋 ようすけ」。お店は田島駅前、佐野市駅からは車で5分ほどの場所にあります。

その知名度の高さは、平日でも行列ができるほど。来店の際は、余裕を持って向かうのが良いかもしれません。

こちらの「ラーメン」は、多数の人が注文するという定番メニューだそうです。雑味がなく洗練されたスープに、小麦の風味香る高品質な麺を味わえるのだとか。

ハーフサイズもあるので、一人前は多すぎるという人でも安心ですね。

「創作の塩ラーメン」は、食欲を刺激する絶妙な塩加減と評判のラーメンです。

キレのある塩味ながらも自己主張しすぎず、麺や具材ともバランス良くまとまっているそうですよ。

いつものように、透き通ったスープの醤油ラーメン。餃子は、大きいのが3つだ。他のお客さんも、ラーメンと餃子を頼んでいる人が多かったな。スープは、やさしい中にも塩味が効いた、割とパンチがある味だ。チャーシューはバラチャーシューの薄切りで、箸でつまむと崩れちゃうほどのトロトロ肉です。

出典: hdドテチンさんの口コミ

・チャーシュー麺
透き通った綺麗なスープからとても良い香りがしてきてテンションも上がっちゃいますよね!スープを飲んだらレンゲが止まらなくなるほど激旨な醤油スープです!チャーシューも5枚くらい入っていて、ブラック&ホワイトペッパーと相性抜群でめちゃめちゃ美味しかったです!

出典: まっすーTVさんの口コミ

らーめん大金

3.71

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

らーめん大金 - 店内の様子

佐野ラーメンと国産野菜使用の手作り餃子がおすすめという「らーめん大金」。

店内のフロアがバリアフリー対応なのも特徴で、車椅子でも快適に利用できるそう。お客さんへの気遣いを感じさせますね。

こちらの「ラーメン」は、素材1つひとつにこだわりが詰まった人気の1品です。

スープは国産野菜と鶏がらをベースとしているそう。コクのある醤油スープと中太縮れ麺による、抜群の調和を楽しめるそうです。

らーめん大金

麺を覆い隠すほどチャーシューが盛られた、「チャーシューメン」もあります。

バラ肉を丁寧に煮込んで調理した自家製チャーシューは、贅沢に3枚もトッピングされています。チャーシューはやわらかな口溶けで、臭みもないのだそうです。

・ラーメン
ラーメン到着。極シンプルな見ため。早速スープをひと口。濁りのないクリアで熱々のスープ。若干味薄めかな…と一瞬感じたが、、食べ進めるとまろやかな塩仕立ての風味が鶏ガラと野菜の優しい味わいを引き立てていると分かる。又、脂が控えめなのであっさり。しみじみとしたホッとする味。美味しい。

出典: らぶら犬さんの口コミ

・チャーシューメン
佐野ラーメンの特徴的な青竹手打ち。やや平べったい縮れ麺はうどんのような存在感。もちもちして風味もあり、この麺が主人公。鶏ガラ野菜のあっさりスープはとてもシンプルで深い塩。脂を落としたホロホロ厚肉チャーシューといい、優しい柔らかい味です。

出典: ぐうぐうくまさんの口コミ

ゐをり

3.67

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

醤油味に加え、塩味に煮干しまで多種多様な種類のラーメンを提供している「ゐをり」。佐野市駅から徒歩15分ほどの場所にあります。

ヨーロッパのレストランを思わせる、おしゃれな外観が目印です。店内も木々の風合いが美しい、居心地良い雰囲気とのこと。

こちらのメニューは「うま塩ラーメン」です。鶏ガラに豚骨、魚介から出汁がとられた、滋味深いスープも絶賛されているそう。

香ばしい焦がしネギも、ラーメンの味わいに絶妙なアクセントを添えてくれるそうです。

ガツンと強烈な旨味を味わえるという、「背脂煮干しラーメン黒醤油」も試してみましょう。味は塩・黒醤油から選べます。

背脂が光沢を放つスープが特徴です。背脂は濃厚ながらもクドさはなく、食べやすいマイルドな仕上がりなのだとか。

・うま塩ラーメン
塩ラーメンを頂きました。焦がしネギとあっさり塩がマッチして麺がズルズルいけてしまいました。やっぱり此処は旨し!相方も塩ラーメンを食べてやはり旨しと唸ってました。仕事で佐野に来ては美味しいラーメンを食べれる幸せを感じ。又来たいと思います。御馳走様でした。

出典: tuupin1919さんの口コミ

初めての佐野ラーメン。醤油ラーメンと塩ラーメンをシェアしました。チャーシューの脂身がトロッととろけて、とにかく美味しかった!!餃子は2種類のW餃子を食べ、大きな餃子で、シソが好きなので、シソ餃子美味しかったです。炙り焼きチャーシューはラーメンのチャーシューと違ってまた美味しい!!

出典: くませんせいさんの口コミ

417

3.47

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

417 - 清潔感のある店内

自家製にこだわった正統派青竹手打ち麺を提供しているラーメン店、「417」。

喫茶店を思わせるモダンな内装に包まれた、清潔感ある店内だそうです。座席もカウンター席にテーブル席、座敷席があります。

ラーメンは2種類のみで、オーソドックスな「らーめん」と「ちゃーしゅーめん」があります。

「らーめん」は昔ながらの醤油味とのこと。飴色のスープは見た目ほど濃くなく、スッキリと飲みやすいそうです。

通常よりもチャーシューを増量した、写真の「ちゃーしゅーめん」もおすすめのラーメンです。

スープは脂の甘味が溶け出し、思わず飲み干してしまうほどの美味しさとされています。

個人的には佐野ラーメンというより、喜多方ラーメンに近いのかなという気がする。麺は極めて細い。チャーシューも納得の味。豊かな豚である。餃子も野菜が超細かくカットされていて美味しい。店主はとても繊細な仕事ができる方と思われます。これが栃木の底力。

出典: 高前バイパスさんの口コミ

・ちゃーしゅーめん
ラーメンは青竹手打ちの縮れ麺。もちもちしていて食べ応えがあります。醤油ベースのスープは透き通っていて重くないのに程よく脂が滲み出ていて◎麺にもよく絡みます。また、途中から机上にあったラーメン、餃子用の七味を入れると味が締まってこれまた美味!!この七味、絶対かけて欲しいです。

出典: ちょす@ぐるめもりーずさんの口コミ

しんざん

3.42

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

佐野市駅から徒歩3〜5分ほど、青竹で打った腰のある佐野ラーメンや、お得なランチセットがおすすめのお店「しんざん」。

席同士のスペースも広く設定された店内。小上がり席もあり、腰をおろして寛げますよ。

佐野といえば、こちらの「ラーメン」は欠かさずオーダーしたい1品なのだとか。青竹打ちによる麺の、モチモチと腰のある弾力を楽しめるそうです。

通常のラーメンにゆで卵や海苔が付いた「しんちゃん」もあります。

しんざん

チャーシュー丼などのご飯ものと佐野ラーメンがセットとなった、平日ランチメニューがあります。

「チャーハンセット」もおすすめのセットの1つだそう。チャーハンは、油でコーティングされたお米が口の中でパラパラと解ける逸品と評判です。

・ラーメン
スープの味は中華そば。さすがに佐野なので、麺はいわゆる佐野ラーメンのそれです。ツルツルして透き通っているけどコシがあります。相変わらず600円でラーメンが食べられる。リーズナブルで、味や接客以外も好感度上がります。濁りの少ないスープですが、塩気も強くて味はしっかりしてます。

出典: かぜのまたさぶろーさんの口コミ

・チャーシューメン
サッパリした良い塩加減で鶏ガラが香る美味しいスープです。麺はモチモチな手打ち麺で好きなタイプです。チャーシューが大きくて柔らかいです。箸で持つと崩れるぐらいに柔らかく、味が染みてて美味しい。

出典: VIBES BY VIBESさんの口コミ

中華そば ほりこし

3.41

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

中華そば ほりこし

味付けから茹で加減まで絶妙な佐野ラーメンを味わえるという町中華店、「中華そば ほりこし」。

カウンター席に4人掛けテーブル、座敷席があります。少人数向けの店内なので、騒がしさもなく落ち着いて過ごせるそうです。

中華そば ほりこし - ラーメン

こちらの「ラーメン」は、お店に来たらマストで注文したいメニューだそう。

透き通った鶏がらスープは、あっさりと優しい味わいとのこと。手打ちの縮れ太麺も、口の中でモチモチと心地よい食感を醸し出すそうです。

こちらの「ワンタン麺」も絶賛の声、多数のメニューです。

トッピングのワンタンは、旨味スープをたっぷりと吸い込んだ逸品とのこと。喉越しもツルツルと快適で、あっという間に完食してしまえるのだとか。

・ラーメン
シンプル&あっさり醤油ですが、しっかり深い味わいを醸し出しています。これは毎日食べても飽きないタイプのスープだ。喜多方ラーメンもそうですが、佐野ラーメンもとっても優しいラーメンですよね。麺は手打ち太めの縮れ麺。モチモチして喉越し最高。これぞ佐野ラーメン!な麺ですね。

出典: sanadangerさんの口コミ

・チャーシューメン
豚バラのチャーシューは8枚くらい入っている。柔らかくてとてもおいしい。佐野ラーメンのチャーシューはどこで食べてもおいしく、はずしたことがない。共通のレシピでもあるのだろうか。麺は加水率高い太縮れ麺。とても柔らかく、トゥルトゥルと吸い込むと食感よくおいしい。スープの味付けは薄目。

出典: cocotara-chanさんの口コミ

中国料理 角半

3.34

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

佐野市駅、佐野駅それぞれから徒歩9分、佐野ラーメンをはじめ本格派な中華料理を楽しめる、大正3年創業の名店「中国料理 角半」。

1階フロアは、テーブル席が並ぶ開放感ある佇まいだそうです。プライベートな時間を過ごせる個室もあります。

中国料理 角半 - ラーメン

こちらは「自家製手打ち佐野ラーメン」。さらっと上品な味わいのスープが絶品というメニューです。

また、手打ちラーメンに焼き餃子5個、杏仁豆腐に烏龍茶も付いた「ラーメンセット」もおすすめとのこと。

中国料理 角半 - 「四川風タンタン麺 ¥780」

「四川風タンタン麺」は、豚ひき肉と豆板醤による肉味噌がトッピングされた、人気の1品です。

胡麻ベースのスープも、濃厚ながら後を引かないキレの良さもあるそうですよ。

・自家製手打ち佐野ラーメン
佐野ラーメンの本場なので、どんな麺が出て来るだろうと思いました。通常の佐野ラーメンより麺がしっかりしている気がします。細いの太いのまちまちで、その辺は、佐野ラーメンらしかったです。スープもあっさりした中に、旨味があり、けっこうおいしくて感心。

出典: 粉パンダさんの口コミ

料理は、火加減、使用する香辛料等、本格的です。お勧めは、麻婆豆腐です。カショウの風味がたまりません。もたっぷりで、体にいいです。紹興酒も暖めて出してくれます。酢豚も大変美味しいです。豚肉のかりかり感、味付けもいいです。単品お勧めは、ラーメンと餃子。佐野で昔から中華料理店を営むお店の味です。

出典: まさるくんさんの口コミ

佐野らーめん 鳳仙家

3.30

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

佐野市駅から徒歩12分、佐野駅からは徒歩10分ほどの場所にある、「佐野らーめん 鳳仙家」。

オリジナルブレンドの麺に、出汁とスープには国産素材を使用した良質なラーメンを味わえるお店と人気です。

L字型カウンター席とテーブル席があります。席同士の間隔も広くキープされた、開放感ある店内とのこと。

佐野ラーメンに海苔ときざみ柚子、魚粉をプラスした「佐野らーめんNEO」がおすすめです。魚粉と柚子がマッチした芳醇な風味が魅力なのだとか。

うどん粉配合の平打ちちぢれ麺、菜彩鶏と豚、魚介から抽出したスープも絶品とのこと。

辛旨な味わいが病みつきになるという、「佐野らーめんマグマ」。その名の通り、マグマのように赤々とした味噌ベースのラーメンです。

他にも、肉のお花畑と表現されるほどチャーシューが敷き詰められた、「チャーシューメン」もおすすめです。

・佐野らーめんNEO
さて実食!スープは魚介とはいえ無化調のアッサリ目なので、海苔の上の魚粉を溶かして丁度良い感じ。節の香りが前面に出てコクが増して美味い!柚子も合いますね。

出典: 赤鼻ぴえろさんの口コミ

・佐野らーめん
スープは、清湯スープ。しっかりとした出汁感、旨味があります。佐野ラーメンの進化形とうたっていますが、偽りなしです。このスープ秀逸です。大変好み。塩分濃度もどんピシャリ。麺も、平打ちピロピロ佐野の麺で、これまた大変好み。トータルバランスの優れた一杯です。

出典: まっこりんさんの口コミ

広東

3.23

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

佐野市駅から徒歩10分ほど、佐野ラーメンをリーズナブルに味わえると評判、地元民御用達のローカルな中華料理店「広東」。

座席は注文に面したカウンター席、テーブル席があります。アットホームな雰囲気も相まって、肩肘張らずに過ごせるそうです。

「ラーメン」は手打ち中細麺と醤油スープが織りなす、安定の美味しさを楽しめるという逸品とのこと。醤油スープも、コクのある濃い目の味わいとされています。

ラーメンの品質に対して、料金はとてもお得なのだとか。

佐野ラーメン以外にもおすすめメニューが揃っているそう。こちらの「広東麺」もその1つです。

豚肉に白菜、タケノコにコーンといった豊富な具材が特徴なのだとか。たっぷりかけられた餡も、具材の旨味が溶け出していて、絶品だそうです。

・ラーメン
早速頂きます。チャーシュー、ナルト、メンマ、ワカメ、ネギの具材です。スープは鶏ガラベースで香味野菜の甘味を感じる優しい醤油味。麺は手打ち縮れ中細麺で軟らかめの茹で加減。喉越しが良いですね!厚みのあるチャーシューは軟らかく味付けが良く美味しかったです。ご馳走様でした。

出典: 切り絵のえのちゃんさんの口コミ

料理の出来栄えも良く、値段設定も良識的、中華料理屋(ラーメン屋)って本来こういうお店だったな、と思い出させてくれるいいお店。ちゃんと禁煙なのも嬉しい。ご馳走様でした。

出典: かつ丼食べたいさんの口コミ

大師庵

3.22

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

佐野市駅から徒歩11分ほど、厄除け大師でのお参りを終えた人も多く訪れるという、昭和50年創業のラーメン店「大師庵」。

テーブル席32席に小上がり座敷は12席と、豊富な座席が用意されています。

大師庵

琥珀色のスープが食欲をそそる、こちらの「ラーメン」がおすすめ。麺は平打ち縮れ麺で、スープとの絡みも抜群の塩梅と好評です。

鶏ガラベースの醤油スープで、スッキリと飲みやすい味わいだそうです。

こちらは「佐野厄除けラーメン」です。佐野駅近くにある厄除け大師の参拝客が、ゲン担ぎでよく食べるという1品とのこと。

具材には厄除けと焼印されたお麩、丸々1尾が使用された海老が入っています。

・ラーメン
オーソドックスな見た目。いいですねー♪ ホッとします。このピラピラした青竹平打ち麺が良い。これでこそ佐野ラーメン。太めの麺を出すお店がありますが、やはりこれ位ピラピラしていた方が佐野ラーメンらしくてGOODです。具はチャーシュー・メンマ・海苔。チャシューは厚みがあって食べ応えがあります。

出典: tackdonさんの口コミ

・佐野厄除けラーメン
厄除大師のお参りの帰りに利用。こちらのラーメン雑誌にも取り上げられたことがあるということで、気になっていきました。おふに印字されていて、えびもまるごと入っているラーメン。楽しみながらいただきました。

出典: happymamalife_maayaさんの口コミ

赤見屋 支店

3.18

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

赤見屋 支店 - 「佐野厄除大師」前の通りから、チョイト入った場所に・・

佐野市駅から徒歩10分ほど、青竹手打ちで丁寧に調理された佐野ラーメンを楽しめるという、「赤見屋 支店」。

ノスタルジーな気分を想起させる外観が目印です。店内も、味わい深い昭和レトロな雰囲気があるそう。

昔ながらの青竹打ちにこだわったおすすめメニュー、「ラーメン」。手間隙かけられた手打ち麺は、ツルッとした喉越しを楽しめる名品とのこと。

佐野ラーメン特有の不揃いな麺も、独特の食感を生み出しているそうです。

赤見屋 支店 - 『メンマラーメン ¥750』

こちらはトッピングでお馴染みのメンマを増量した、「メンマラーメン」。メンマのコリコリとした食感を心ゆくまで楽しめるそうです。

他にも栄養バランスのとれた「ヤサイメン」など、幅広いラーメンが揃っています。

先日、本店に伺って細麺に驚いたばかりですが、こちらの支店さんも極細麺です(^O^)/本店は透ける麺ありましたが、こちらは極細いながら、透けない麺です。お店も謳ってる通り、昔ながらの佐野ラーメンって、このような味・食感なんだなと思いました。今日も美味しい一杯、ありがとうございます(o^^o)

出典: メタボハルクさんの口コミ

次々と佐野ラーメンの人気店が登場する中、昔の味のまま続けてらっしゃるみたいですね。チャーシューを少し、家人と娘に提供し、おいしく完食。佐野の麺は、あっさりスープと合う、青竹で打ったピロピロの食感がいいですね。懐かしくてじんわりとおいしゅうございました。ごちそうさまでした。

出典: パドルグラムさんの口コミ

【佐野市内】堀米駅周辺にあるラーメンがおすすめのお店

青竹手打ちラーメン 麺や 大山

3.52

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

青竹手打ちラーメン 麺や 大山

青竹手打ちの佐野ラーメンを求めて行列ができる、佐野の人気店「青竹手打ちラーメン 麺や 大山」。

テーブル席や小上がり席など、全33席の座席があります。カウンター席も2席あり、1人でも安心して利用できますよ。

王道の醤油味に、ミネラル豊富な3種類の塩をブレンドした塩味の2種類の佐野ラーメンがあります。

甘味が濃い那須御養卵を使用した「味玉」。他にも手作りの「餃子」など、サイドメニューの秀逸な品ばかりだそうです。

こちらは「チャーシューめん」。下の麺を覆うほど大量にチャーシューがトッピングされた、食べ応え満点のラーメンとのこと。

しっかりとスープを吸い込んだチャーシューは、ほろほろと崩れるほどのやわらかさのようです。

・塩チャーシューめん
スープは塩をしっかりと感じられ、塩梅も良く何口も運んでしまうほど激旨スープです!ゴマも良い仕事をしていて相性抜群ですね!青竹手打ちの自家製麺も不揃いの食感がまたまた良くてとても美味しかったです!! チャーシューはしっかり味染みホロホロでめちゃめちゃ美味しかったです!!

出典: まっすーTVさんの口コミ

手作りの餃子の皮が歯ごたえもあり大きいので食べ応えありです!!私は二口で食べましたが、一口で食べれる人がすごい(; ゚゚)あのジューシー感を口いっぱいとは、、羨ましいですね。チャーシュー丼はラーメンのチャーシューとはまた違い、しょっぱめの味付けでご飯とマッチ。黄身を乗せるとより一層楽しめます!

出典: ミスチーズさんの口コミ

永華餃子館

3.26

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

永華餃子館

佐野ラーメンに佐野餃子という、2大名物を満喫できるラーメン店「永華餃子館」。

暖簾の先には、木目の柔和な色合いに囲まれた空間が広がります。座敷席もあり、大人数でも安心ですね。

「ラーメン」は、キレのある醤油スープと中細の手打ち麺が特徴だそうです。チャーシューにメンマ、わかめなど具材が豊富なのも嬉しいですね。

餃子メニューは全12種類で、焼・水・揚の3種類が用意されています。餃子も佐野ラーメンと並ぶ名品揃いとのこと。

永華餃子館

「肉餃子」や「青シソ餃子」など、バラエティ豊かな餃子の数々。

中でも人気なのが、モチっとお餅のような厚皮と丸いボディが特徴という「さのまる餃子」です。皮の内側には、ニンニクと野菜の餡が肉汁と共にたっぷりと詰まっているそうです。

初めていただいた、佐野ラーメンは、一言で言うとスッキリ!具材もシンプル。メンマ、ワカメ、厚めのチャーシュー2枚、ナルト、ネギ。びっくりしました。スープがめちゃすんでいて、あっさりダシ。老若男女好きよね的な。メンは青竹で打ったと言う、平打ち麺。麺の太さは、それぞれ違う感じがご愛嬌です。

出典: snow petalsさんの口コミ

注文したのは、ラーメンとチャーシューメン、そして目的の餃子はさのまる餃子(3個)と青シソ餃子。まずは餃子から。さのまる餃子は手作り感のある厚めの皮。食べてみるとつるもちっとした厚めの皮にニンニク効いた野菜餃子。青シソ餃子は皮にもシソを練り込んだ?シソの香りを強く感じる餃子。

出典: 鈴鹿さんの口コミ

佐野やつや

3.23

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

佐野やつや

青竹手打ち麺と澄んだ醤油スープが織りなす、こだわりの佐野ラーメンを満喫できるという「佐野やつや」。

店内の一角には、広々とした座敷席スペースがあります。繁盛時でも窮屈さを感じることなく寛げるそうです。

佐野やつや - 佐野手打ちらーめん:600円

提供されるラーメンは全て青竹打ち麺を使用し、チャーシューや餃子もお店特製なのだとか。

中でも定番の「佐野らーめん」は、外せないメニューだそうです。スープは豚鶏、魚介から抽出された深みある出汁が効いた逸品とのこと。

佐野やつや

佐野ラーメン単品では物足りないという人におすすめの、各種セットメニューも充実しています。

「佐野名物セット」はラーメンに餃子3個、いもフライにデザートが付いた人気ナンバーワンのセットだそう。

・佐野らーめん
テーブル席に着座しメニューの中から青竹手打ち佐野ラーメンを注文!ラーメンを待つ事10分。佐野ラーメンの登場です。早速頂きます。チャーシュー、メンマ、ナルト、ワカメ、ネギの具材です。スープは鰹が香る優しい鶏ガラ醤油味です。麺は青竹手打ち縮れ麺で軟らかめ。喉越しが良いですね♡

出典: 切り絵のえのちゃんさんの口コミ

昭和54年創業のベテラン店にして「佐野ラーメン会」現会長の店。天守閣のようなイカツい外観の中は、テーブルと座敷で全60席近くある大バコ。数種類あるセットメニューの中に子ども向けメニューも揃えるなど、全世代を受け入れる懐の深さも窺える。

出典: HASH-ROYALさんの口コミ

らーめん文

3.21

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

ご当地グルメの佐野ラーメンからセットメニューまで、幅広いラインアップが特徴という「らーめん文」。

座席はカウンター席と座敷席があります。昼夜問わず活気に満ちた、地元の人気店と評判です。

こちらは「塩チャーシュー」。脂身がのったチャーシューと、後味さっぱりの塩スープの相性が抜群というメニューです。

他にも、こってりとした札幌味噌らーめん系のメニューも用意されているそう。

メインのラーメンに餃子やご飯類をお得にプラスできる、多様なセットメニューもあります。

「半チャーハンセット」もその1つです。ラーメンに塩加減も程よい半チャーハンが付いた、ボリュームある品とのこと。

先に餃子が届いたので、一つ食べると…なるほど、勧めるだけの事はある…肉多めの餃子で、ジューシー食べ応えがありとても美味しい。(ご飯頼めば良かった)。その後に佐野ラーメンが登場…スープをひとすすり。透明なスープはさっぱりだけど旨味がたっぷり。あぁ落ち着く味っ感じの美味さ。

出典: sugi0291さんの口コミ

ラーメン屋さん。だけど、夜は手軽に食べられる居酒屋メニューみたいなのがある。ラーメンおいしい、他も普通においしい。シャンディガフがあって嬉しかった!500円也。

出典: ハロ八口さんの口コミ

行世軒

3.20

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

行世軒

かつて屋台でらーめん屋を営んでいた店主による、素朴で親しみある佐野ラーメンが話題の「行世軒」。

座席はカウンター5席に、テーブル席は24席あります。店内も落ち着いた雰囲気だそうです。

行世軒 - 佐野ラーメン醤油味

こちらは「らーめん」。毎日食べても飽きないという、シンプルながらも奥深い味わいが魅力といいます。

メニューの佐野ラーメンは大きく分けて醤油味の正統派と、塩味ベースの新佐野らーめんがあります。

行世軒 - 新しいラーメン

「新しいらーめん」という名前のこちらのメニューもおすすめです。

天然塩と薄口醤油スープが特徴とのこと。従来の佐野ラーメンよりも醤油の味が控えめで、その分あっさりとした塩味が効いているそうです。

・らーめん
チャーシュー、ナルト、メンマ、ワカメ、ネギの具材です。スープは鶏ガラベースで野菜の甘味が広がる優しい醤油味。麺は手打ち縮れ中細麺。軟らかめの茹で加減で喉越しが良いです。チャーシューは軟らかく味付け良く美味しいですよ!ご馳走様でした。具沢山で500円とコスパ良く美味しいラーメンでした。

出典: 切り絵のえのちゃんさんの口コミ

こちらのお店、佐野市の市街地から少し離れた静かな場所にあるためか、美味しい店なのにそんなに混雑してないので、ゆっくりと食事ができるのも良いところですね。こちらの売りは、「昔ながらの佐野ラーメン」「新しい佐野ラーメン」二種類の佐野ラーメンがあるところだと思います。

出典: nakat697さんの口コミ

来々軒食堂

3.21

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

来々軒食堂

カエシや茹で加減も絶妙というラーメンに、丼ものから定食まで揃うお店「来々軒食堂」。

店内は昭和レトロな雰囲気漂う、食堂のような温かみある内装なのだとか。初めての来店でも、気兼ねなく入店できますよ。

来々軒食堂

「ラーメン」は昔ながらの中華そばを思わせる、濃厚な味わいが好評のメニューだそうです。

スープは、動物系出汁が効いた濃い目の醤油スープとのこと。麺は喉越し抜群の平打ち麺だそう。

ラーメン以外にも、「カツ丼」や「カレーライス」といったお馴染みの料理が揃います。

例えば、お腹に溜まるものが食べたい時は、写真の「カツ丼セット」がおすすめです。ボリューミーなカツ丼に、ミニラーメン、小鉢にお新香がセットでついてくるそう。

・ラーメン
見た目からも昭和ノスタルジーです。ラーメン税込550円をオーダーです。見た目も充分に、昔ながらのラーメン。って、真っ茶色ですから。スープは茶色の濃い、ガツンと醤油のパンチが効いた一品。ガラのコクに醤油の塩気、その後にフンわっりと甘みが感じられる。ん〜、オイラ好みの味です。

出典: メタボハルクさんの口コミ

おばあちゃんが一人で切り盛りしているお店です。お手伝いでテーブル席の常連さんが私にラーメンを運んでくれました。アットホームな店内で心も身体も温まり居心地の良いお店でした!本日も佐野ラーメンを満喫し満腹にて帰宅します。

出典: 切り絵のえのちゃんさんの口コミ

ゆうじ

3.16

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

ゆうじ

本格的な青竹手打ち佐野ラーメンや自家製餃子を味わえるおすすめ店、「ゆうじ」。

店内にはカウンター席に、畳小上がり席が用意されています。リラックスして過ごせる、家庭的な雰囲気も魅力なのだとか。

ゆうじ

佐野ラーメンの証である、シコシコと腰のある太麺。麺が不揃いなのも手製ならではとのこと。

チャーシューも加わり食べ応えが増した、こちらの「チャーシューメン」もおすすめだそうです。

ゆうじ

メニューの中で最も人気が高い、「しおラーメン」も是非オーダーしてみましょう。

底が見えるほど透き通った塩スープが食欲をそそりますね。後を引かない、キレのある味わいを楽しめるそうです。

チャーシュー麺と餃子5個を頂きました。チャーシューはホロホロでとろける旨さ。麺は佐野ラーメン特有の手打ちで太麺で縮れているタイプ。スープと馴染んで美味しいです餃子は食べ応えあるサイズでニンニクが効いてジューシーでした。ラーメン、餃子ともに美味しくいただきました。

出典: MST RUN &麺さんの口コミ

・しおラーメン
器にたっぷりのスープが溢れんばかり。チャーシューは2枚、そしてメンマ、ナルト、ねぎ。透き通ったスープはとてもきれいです。スープからいただいてみます。うまみたっぷりで、切れのあるしおスープで、後味サッパリ。麺はまっすぐの太いところがモチモチで、細いところはゾゾっと口に入ってきます。

出典: Crossroaderさんの口コミ

青竹手打ち麺 藤谷

3.18

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

佐野市の閑静な場所にある、2020年オープンの話題のラーメン店「青竹手打ち麺 藤谷」。

店内には広くスペースが確保された座敷席もあります。佐野市巡りで強張った足を休めながら、ゆっくり食事を楽しめるそうです。

青竹手打ち麺 藤谷 - 丼と比較・・デッカイ餃子

醤油味を楽しめるという正統派の「手打ちらーめん」。他にも、「ゆずラーメン」という一風変わったメニューもあります。

皮から作る「餃子」など、1品料理もおすすめの品ばかりだそうです。

輪切りのレモンがトッピングされた、「塩レモンラーメン」という創作ラーメンもおすすめです。

スープは、あっさりと飲みやすい塩ベースなのだとか。時間が経つほど芳醇に香る、レモンの清涼な風味が魅力とのこと。

車必須の場所ですが、地元の方が昼食をとりに多くいらしていました。店内は清潔かつ簡潔といった感じ。テーブル席と座敷があります。もちもちの中太ストレート麺にあっさりスープ。塩レモンなどの変わりだねもありました。ごちそうさまでした。

出典: リンゴリンゴバナナさんの口コミ

・手打ちチャーシューメン
麺はもちろん青竹で打った手打ち麺です。茹で加減も絶妙。最初は手打ち麺でも硬めで好みでしたが、時間が経つにつれて柔らかく変化していきます。この変化もいいですね。具はホロホロなチャーシューが5枚。厚みもあって味も適度に染みていていいですね。他にナルト、ネギ、メンマなど。

出典: ねこではちさんの口コミ

※本記事は、2021/04/27に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ