目白で過ごす穏やかなランチタイム!おすすめのお店13選

出典:ぴーたんたんさん

目白で過ごす穏やかなランチタイム!おすすめのお店13選

東京都豊島区にある目白エリアは、若者が集う学習院大学やおしゃれな飲食店が並ぶ商店街があり、池袋まで徒歩圏内でありながら閑静な雰囲気漂い、のんびりとランチタイムを過ごすエリアとして注目されています。今回は目白で美味しいランチを食べられると人気がある、おすすめ店をまとめました。

記事作成日:2020/07/09

1348view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる915の口コミを参考にまとめました。

目白でランチにおすすめの洋食店

旬香亭

洋食百名店2020選出店

3.71

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

目白駅からすぐ、ランチタイムでは本格派な洋食をお得なランチメニューとして、もしくは予約制のコース料理として堪能できるお店です。

店内も街中のカフェのようなカジュアルなインテリアとなっており、気軽に寄れるとのこと。

ランタイムは、11時〜15時。

ハンバーグに海老フライ、コロッケと洋食を代表する料理が一堂に会した豪華なランチメニュー「ハンバーグ&フライ」もおすすめ。

ハンバーグには上品な酸味のデミグラスソースが使われ、口の中で濃厚な肉汁との一体感を楽しめるそうです。

ランチメニューには、バラエティ豊かな洋食メニューが取り揃えられていると評判。

また、ランチを注文すると、減圧加熱処理がされた千切りキャベツやサラダ、ライスもしくはパン、味噌汁か季節のポタージュもセットとして付いてくるとのことです。

まずはシチューを一口。洋食屋のドミグラスらしい苦味があるシチューですが、苦味はかなり軽い。対しフォンの旨味やワイン由来らしき風味はかなりしっかり感じます。これは美味しいですね。すごく深みのある味わいとでも言えばよいのかしら? ワインをかなり贅沢に使っているかと思われます。

出典: 野良パンダムさんの口コミ

ハンバーグ、海老フライ、ポテトフライ。ポタージュ又は味噌汁、ライス又はパン付き。洋食屋のお手本のような美しさ。このままメニュー写真に使えそうなほど。ハンバーグはナイフが柔らかに入り、期待通りの肉汁が溢れる。口に入れたらフワりとエアリーで、上品な濃いめのデミグラスソースでライスが進む。

出典: ぴーたんたんさんの口コミ

ブリボン

3.45

夜の金額: ¥5,000~¥5,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

目白駅から徒歩3分の場所にあり、じっくりと煮込まれた野菜と独自配合のスパイスの旨味を楽しめる欧風カレー、風味豊かなハーブ料理の数々が魅力というお店です。

カウンターにワイングラスとお酒が飾られた、大人が集うモダンな雰囲気となっているのだとか。ランチタイムは11時半〜15時。

ブリボン - 本日のカレー(ほうれん草と温泉卵のカレー) ¥1,000

「ほうれん草と温泉卵のカレー」など、日替わりで彩りが変わる「本日のカレー」をランチで食べることができます。

ランチでは2種のサラダが付き、ライスもお代わりすることができるので、お腹いっぱいカレーを食べたい人にもおすすめです。

カラフルな見た目もおしゃれな、豊富な素揚げ野菜に甘めのルーをかけて食べる「彩り野菜カレー」も女性客から高い人気を誇るそうです。

ルーの爽やかな酸味と野菜本来の旨味が調和しているという一皿を、ぜひランチで注文してみてください。

ライスは上品な盛り。ワタシの彩り野菜カレーは、ライスが見えないくらいのモリモリな野菜たち。パプリカ、ズッキーニ、茄子、お芋ささげ(これ、北海道弁??)等の素揚げ。ルーはレビュー通り、たっぷり!!これは思う存分ルーを贅沢にかけて食べられます(笑)ルーは少し酸味の強い、爽やかな味です。

出典: pichigurenさんの口コミ

・「チキンカレー」
土鍋に入ったカレーとオーバル型の別皿でライス。たっぷり、ぐつぐつと煮えたアツアツのルーに入った鶏肉は、ぶつ切りではなく、厚めにカットされたスライスチキンの煮込み。これをかけて食べると辛さが、ぐっと抑え目控えめで、ほとんどお野菜の甘みとコクによる豊かな味わい。

出典: parisjunkoさんの口コミ

Mo’s Cafe

3.42

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

Mo’s Cafe

JR目白駅から徒歩10分の場所にある。欧風家庭料理を思わせる、優しい味わいの手作り洋食を楽しめると好評のお店です。

暖かみある照明に照らされた、ウッド調を基調とした店内となっており、カウンター席とテーブル席が用意されています。

Mo’s Cafe - ポークソテー ジンジャーソース ¥910

ランチメニューにはこちらの「ポークソテー ジンジャーソース」をはじめ、メンチカツやポテトコロッケといった、誰もが家庭で食べたことがある素朴で気取らない料理が提供されています。

ランチでは全メニューにスープ、ランチがつく嬉しいサービスもあります。

Mo’s Cafe - 煮込みハンバーグ♡

ランチ料理の1つである「煮込みハンバーグ」もおすすめの1品です。

とろりとした炒り卵と、デミグラスソースがかけられた濃厚な味わいらしく、箸でも簡単に崩れるほどのやわらかさとされています。

注文するメニューは毎回同じ。豚の生姜焼きのジンジャーソース!!これがとっても美味しくてご飯が進む。炒めたほんのり甘いホクホクのジャガイモ、にんじん、キャベツ、大根のうえに、ボリューム満点の豚ロースがどーんとのっています。味がしたこくないのでぺろっと食べられる。

出典: arta0717さんの口コミ

入り口が通りから少し奥に入った所にあるため土地勘のない方だと見落としてしまうかもしれません。14時の訪問でテーブル席は6割ほどの入り。ウッディな内装にチェック柄のテーブルクロスが印象的な、アットホームな気配にほっこりとします。スタッフさんは若い方が中心のようでしたが、なかなか愛想が良かったです。

出典: esora24さんの口コミ

happy

3.45

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

happy - 外観(サザンファンならよく知ってるデザイン^^b)

JR目白駅から徒歩8分。カニクリームコロッケやオムライスなど、王道洋食メニューが揃うお店です。

柔和な色合いの白色に囲まれた店内となっており、カウンター席とテーブル席があります。

happy - (ランチ)ハンバーグ&カニクリームコロッケ

ランチタイムにおすすめなのが、人気洋食を贅沢に一皿にまとめた「ハンバーグ&カニクリームコロッケ」。

ほろりと崩れる肉感のハンバーグ、衣の内側にクリーミーなソースが閉じ込められたコロッケは、美味しさと懐かしさを感じさせる味わいなのだそう。

「オムライスとカニクリームコロッケ」も人気のランチメニューです。

オムライスにカニクリームコロッケが添えられ、チキンライスとふわとろ卵で包み込んだオムライスは、安心感を感じさせるという家庭的な味わいとされています。

知人が蟹クリームコロッケが美味しいと連れて行ってくれました。雑司ヶ谷駅からすぐ行けるなかでは嬉しい選択肢です。今日も先日と同じハンバーグと蟹クリームコロッケをいただきました。サクサクの衣に思いの外サラリとしたクリーム。美味しいです。ハンバーグはふわふわで中から肉汁が溢れてきます。

出典: mop0033さんの口コミ

お店に入ると、BGMでサザンの歌が流れています。そう、こちらのお店はサザンファン御用達!!内装は、白で統一されていて清潔感があって良い感じ。店内のあちらこちらにサザングッズが並べられています。お店の席は、カウンターとテーブル席。こじんまりとした感じで可愛いお店。

出典: ぺんたろさんの口コミ

目白でランチにおすすめのカフェ

うぐいすと穀雨

カフェ百名店2021選出店

3.66

夜の金額: -

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

うぐいすと穀雨

目白駅から徒歩10分、香ばしい焼き立てパンと珈琲、可愛らしい雑貨に囲まれた空間でまったりできるという隠れ家カフェです。

白を基調とした店内に温かみある木製のテーブル席が並ぶ、ナチュラルテイストな雰囲気となっています。

ランタイムは、11時〜15時。

うぐいすと穀雨

ランチでは、パンを中心としたカフェメニューを楽しめるとのこと。

例えば「お好きなパンのプレート」は、ショーケースに並んだパンから好みの1品を選ぶことができるプレートメニューであり、グリーンサラダとキャロットラペ、ドリンクがセットとなっています。

うぐいすと穀雨

しっとりときめ細やかな口当たりのトーストを堪能できるという、「トーストのプレート」。

カリカリに焼き目がついた表面に、付け合わせのバターをたっぷりと塗って食べてみましょう。

アイシングがたっぷりかかったシナモンロールは中はしっとりフワっとしていますが、ただ柔らかいだけでなく生地はしっかりしています。シナモンもいい香り。新鮮なサラダにかかったほのかな塩味が甘いシナモンロールとちょうど良いバランス。

出典: kaori0217さんの口コミ

階段を上がって行くと、可愛い看板が白い壁と木のテーブル&椅子、そしてアンティークまさに私好みのインテリア。居るだけでホッと和みます。さりげなく置かれた花たちも、派手すぎず素朴で良いんですよね。

出典: sayori0302さんの口コミ

キアズマ珈琲

3.57

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

キアズマ珈琲

鬼子母神前駅から徒歩2分と好立地、目白駅からは徒歩12分ほどで到着。

コーヒーや軽食、自家製スイーツを楽しめる、木造長屋を改築したというレトロな佇まいのカフェです。

木枠格子のガラス戸や木製家財など、深みのあるアンティークな内装が居心地の良さを作り出しているそうです。

コーヒー専門店ならではの自家焙煎コーヒーに加えて、サンドイッチやホットドックといったカフェフードが提供されています。

こちらの「ビーフパストラミサンド」は、香辛料と燻製の風味が効いたパストラミがふんわりトーストで挟まれた逸品なのだそう。

お好みのケーキに相性の良いブレンドコーヒーをセットでつけることができる、「ケーキセット」もあります。

濃厚な生クリームがふんだんに添えられた「ガトーショコラ」と、シャープな苦味をもつコーヒーのコントラストを心ゆくまで堪能できるそうですよ。

歩き疲れてペコペコになった胃袋にパストラミとトーストが入った瞬間、スパイスのキリキリ感も作用してシャキッとなったのですから。一口噛んだ瞬間のサクッという音。トーストとレタスの歯ごたえが忘れられません。パストラミは塩味の刺激がくせになりそうです。

出典: piyosuke38さんの口コミ

リノベーションされた築80年を超える木造長屋。その一間を店主の理想の空間にリフォームしたとのことです。木枠の格子のガラス戸、柱に遮られ広く使えない空間に、敢えて揃えないテーブルや椅子など、さりげないアンティークな調度品に心を掴まれます。

出典: i_girasoliさんの口コミ

Cafe Bar レフティ

3.55

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ~¥999

目白駅から徒歩5分。人気のオムライスをはじめ、幅広いジャンルのカフェ料理をランチで味わえるお店です。

ビル2階で静かに来客を迎えてくれる、隠れ家のような雰囲気に魅せられ、足を運ぶ常連客も多いとされています。

ランタイムは、11時半〜14時半。

ランチでおすすめなのが、甘みが前面にでて美味しいという「オムライス」です。

オムライスは極小から大まで4サイズが用意されており、お腹の空き具合と相談して注文することができますよ。

Cafe Bar レフティ - ポパイカレー850円

ほうれん草と生卵、福神漬けがトッピングされた「ポパイカレー」。

カレーは甘い口当たりと後からじわりと広がる辛さが絶品とされ、生のほうれん草の味わいもカレーと絶妙にマッチしているのだそう。

ランチタイムに訪れると、お店の前には行列が出来ていました。オムライスを注文しました。キレイな曲線を描いたフォルムが実に美しく、ミートソースがかかっています。お皿にはサラダもたっぷりとのっています。チキンライスを卵でくるむように包んだスタイルです。卵は厚みがあってフワフワ感。卵自体の味は甘めです。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13048717/dtlrvwlst/B425219924/

オムライスをカットしてみるとケチャップライスの中にはチキン、マッシュルーム、ソーセージなどの具が入っています。パクっ!ふわっとしてる卵です。生クリームを多用してるようですね。そして、珍しいのは卵が甘めです。ちょっぴりピリっとするミートソースと合わさると塩味が加わり丁度よいバランスになるかも。

出典: 代々木乃助ククルさんの口コミ

小苦樂

3.43

夜の金額: ¥3,000~¥3,999

昼の金額: ~¥999

小苦樂

目白駅から徒歩6分の場所にある、戦前からある古民家を改装した趣ある古民家カフェであり、ランチには和の食事と甘味を楽しめるお店です。

2階建の店内は凛とした和の風情が色濃く残る内装となっており、個室として有料で利用できる本格茶室もあります。

小苦樂

軽めのランチにぴったりなのがこちら、「梅にゅうめん」。

南高梅の梅干しやお揚げ、とろろ昆布という和の素材を使った優しい味わいの一品とのこと。

平日限定ランチタイムサービスとして、食事メニューに追加料金で日替わりプチデザート、抹茶などの飲み物をつけることができます。

和甘味も充実しており、こちらの「レトロなプリン」はお店一番人気のメニューなのだとか。

奈良県産の卵の絡みつくような濃密な舌触りとカラメルの大人のほろ苦さと味わえるという、まさに昔ながらのレトロな味わいのプリンとされています。

レトロプリンは、有名な奈良の卵を使い濃厚ミルクとマスカルポーネを混ぜ、オーブンで焼き上げたちょっと固めの昔ながらのプリン。レモンを絞ったクリームの酸味がちょうどいい。これも砂糖が入ってないんじゃないかと思うくらいやさしい味。癒しを求めるならここです。

出典: よしぼぅ選手さんの口コミ

キラキラしたベッドルームのホテルよりも、落ち着いた田舎の旅館が好きという方におすすめ。飲食店に限らず、おしゃれだけど小さくてコンパクトなお店の多い印象な目白。大通りから路地に入ってすぐにあるここは、本当に良い意味で目白っぽくない。広々とした古民家で、和菓子やお茶、お料理をいただけます。

出典:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13205086/dtlrvwlst/B302323445/

CAFE CUPOLA mejiro

3.41

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

目白駅から徒歩7分。イタリアのフィレンツェ、ミラノのバルでバリスタとして修行を積んだオーナーによる、スペシャルティコーヒーや平飼い卵のオムレツが魅力とされるお店です。

オレンジとグレーが織りなす洗練された外観が目印となっています。

CAFE CUPOLA mejiro - プレーンオムレツ

山梨県の佐藤ファームで、米糠をブレンドした飼料を用いながら平飼いされた鶏の卵によるオムレツが人気となっています。

ランチには写真の「プレーンオムレツ」をはじめ様々なオムレツが用意され、セットとしてバゲットとドリンク、サラダもついてきます。

CAFE CUPOLA mejiro

コーヒーと抜群の相性を作り出すという自家製スコーンも、目白での休憩がてらに注文してみましょう。

サクサクとした軽めの食感と、自己主張しすぎない控えめな甘みが好評となっているそうです。

・プレーンオムレツ
プレートにはオムレツ、ベビーリーフのサラダ、くるみのスコーン。どれも秀逸で今まで味わったことのないようなもの。すべてに優しいという形容詞がつきます。優しいふんわりオムレツ、優しい味のサラダ、スコーンは外がサクサク、中がほろり。このスコーンはテイクアウトも出来るんですよ。

出典: ホクホクさんの口コミ

目白駅から少し離れたところなので大通りに面しているけれどひとたびお店に入れば静かにゆっくりした時間を過ごせると思います。トータル的な感想は、全てがきちん!としている、という印象。コンセプトもしっかりしている。店主さんならではのお人柄かな~。ご近所の方たちで賑わいそうですね♪

出典: bigkiraさんの口コミ

目白のおすすめフレンチ・イタリアン店

ル・ヴァンキャトル

3.69

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥4,000~¥4,999

ル・ヴァンキャトル

目白駅から徒歩7分。ブルゴーニュ産を中心としたワインに瀬戸内海の鮮魚、トリュフといった高級食材まで、吟味が重ねられた素材が織りなす芸術的なフレンチを味わえると人気のお店です。

店内はモダンで、明るい雰囲気が評判のようです。ランチタイムは11時半〜15時。

ル・ヴァンキャトル - 2019年11月利用。ランチコース

ランチタイムには3種類のコース料理が用意されています。

リーズナブルに本格フレンチを味わえるコースから、予約必須の高級志向コースまで揃っており、記念日から何気ないランチまで、多様なシーンに応じて利用できると好評だとか。

ル・ヴァンキャトル

目白で記念日など特別なひと時を過ごしたい時には、ランチコースの中で最も料金が高い、予約者限定のおよそ10品からなる「シェフのおまかせコース」も良いですよ。

ワインも片手に嗜みながら、フレンチとの至福のマリアージュを楽しみましょう。

2900円のランチコースを予約。総じて言うと、この内容でこの価格は安い!!色鮮やかな料理にテンションが上がった。サラダは、ボリュームたっぷり。歯ごたえもあり、野菜の食感と味を楽しめた。野菜は、シェフが毎朝、鎌倉まで行って仕入れているそうです。その努力が、味に出てますね。

出典: 伊藤たかさんの口コミ

雑司ヶ谷から目白、住宅街の中の隠れ家に、ゆるやかに時間が流れ寛げるのが素晴らしいところです。かわいらしいおうち、上品な雰囲気。シェフは、大好きな六本木の名店“ブルギニオン”のスーシェフを務めたご経歴、実力者。その流れを汲んだまっとうな正統派フレンチ、楽しみに伺いました。

出典: parisjunkoさんの口コミ

ラ・ムジカ

3.66

夜の金額: ¥6,000~¥7,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

ラ・ムジカ - 外観の風景です

目白駅から徒歩1分。フランスで修行したシェフによる、南フランス郷土料理をベースに国産食材を組み合わせたというフレンチを味わえるお店です。

閑静なロケーションと地域に密着したカジュアルな雰囲気から、常にお客さんで賑わいを見せているそうです。

ラ・ムジカ

「ランチコース」では4~5種類から選べる前菜とメイン、スープに自家製パン、ドリンクを楽しむことができるとのこと。

メイン料理の1つで衣のサクサクとした食感が美味しいという「メカジキのパン粉焼き」など、本格フレンチを気軽に楽しむことができるそうです。

写真は、前菜「三陸産マダコとジャガイモのテリーヌ タブナードで」。

伝統的なフランス家庭料理であるテリーヌを、国産食材を用いて調理することで、日本人の舌にも合う味わいを生み出しているそうです。

サラダは旬の完熟桃を使ったもので、さっぱりとしたフレンチドレッシングとの相性はバツグン!前菜はたくさんの中から選べてどれも手が込んでいて美味!ジャガイモのビシソワーズはカリカリにローストしたエビが散りばめてあり、風味をかもし出していて、憎らしいくらい美味しかったです。

出典: 巴里のアメリカ人さんの口コミ

全く手を抜いてない。手が込んでます。これだけ手が込んだ料理で1600円なら、コスパは良いと思います。「高級フレンチ」レベルかな?「フレンチ」の別のステージを知ることができました。シェフの才能に感服いたしました。初老のムッシュのサーブで、気持ちよく最後まで楽しませていただきました。

出典: グレイ伯爵さんの口コミ

PIZZERIA 37

3.41

夜の金額: ¥2,000~¥2,999

昼の金額: ¥1,000~¥1,999

目白駅から徒歩1分。オーガニック野菜など厳選素材をトッピングした生地を薪釜で焼き上げた、37種のナポリピッツァを味わえるお店です。

薪窯が置かれたオープンキッチンとなっており、調理の様子や熱気をライブで感じられる店内とされています。

ランタイムは、11時〜15時半。

PIZZERIA 37 - 【ランチ】今週のピザ

リーズナブルな料金設定も好評な「ランチセット」では、ピッツァもしくはパスタをメイン料理として、多彩な品揃えから選ぶことができます。

定番の「マルゲリータ」や「ジェノベーゼ」はもちろん、「今週のピッツァ」という注文が楽しみなメニューもあります。

PIZZERIA 37 - 「ピッツァ ペスカトーラ」

自分へのご褒美として少し贅沢なランチを過ごしたい人におすすめなのが、「プレミアムランチコース」です。

前菜からメインディッシュ、デザートまで、珠玉の一皿をコース料理で存分に味わえるとのこと。

・ランチセット
具は大当たりと言うか、私の今日の気分にマッチしてました。トマトソースもしっかりパンチがあるし、アンチョビの塩気も抜群です。オリーブも量が入ってました。ニンニクも主張してるので、タバスコなど余計な調味料いらず。実際、テーブルには塩コショウを始め、余計な調味料は一切置かれてませんが。

出典: キレートれもんさんの口コミ

食後の感想は、質量ともに満足。お勘定はアルコール2杯を合わせても2,400円で、リーズナブルに思う。広いホールは2人の女性で賄っているが、接客面でも遺漏は無い。場所柄、客層は上品なご婦人方が大半。それに相応しい、明るく清々しい雰囲気も好印象。

出典: 蓼喰人さんの口コミ

レストランオーボンコワン

3.40

夜の金額: ¥10,000~¥14,999

昼の金額: ¥2,000~¥2,999

鬼子母神前駅から徒歩2分、目白駅からなら徒歩13分ほど。

「普段着のレストラン」をコンセプトに、素朴なフランス地方料理とブルゴーニュ産をはじめとしたワインの数々を体験できるというお店です。

ランタイムは、11時半〜15時。

ランチコースメニューとして、コース内容が異なったA~Cの3コースが提供されています。

「Menu C」では主菜として写真の「若鶏の赤ワイン煮込み」をはじめ、前菜や本日のお魚料理がテーブルに並べられ、前菜と主菜は好きな一皿を選ぶことができます。

レストランオーボンコワン - ランチBコース(税込み1868円)の前菜

こちらのお店ではバゲットからパスタ、テリーヌやソーセージに至るまで、料理は手作りにこだわっているのだそう。

前菜として提供されたテリーヌも、肉の味がしっかりとしていて、ボリュームもあり、とても満足できる一品だったという口コミも寄せられていました。

・Aランチ(前菜とメイン、バケット付)
前菜で鯖のエスカベッシュ。メインは豚のローストオレンジ風味。前菜が運ばれてきた。一見するとサラダのようだが、葉っぱの下にサバが隠れていた。程よい酸味と優しいハーブの香りで、鯖の生臭さは感じなかった。ワインが飲みたくなる料理だ。

出典: hirobowさんの口コミ

かわいらしいフランスのお家のような、テラス席もあって、外から中が見渡せる清潔感のあふれる店内。これならおいしいお料理出してくれそうと、開店と同時に入店、そのあと次々にどこからやってくるのか、周りにそんな会社もないのに、会社員風の男性や女性、近所の人が来るってことは美味しいってことだからと期待感アップ。

出典: 緋花さんの口コミ

※本記事は、2020/07/09に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ