浅草で美味しいお茶を味わいたい!専門店や甘味処8選

出典:ジョニー72さん

浅草で美味しいお茶を味わいたい!専門店や甘味処8選

下町情緒あふれる浅草は、地元客にも観光客にも人気のある街です。ジャンルを問わず、さまざまなグルメを味わえるお店がたくさんあります。今回は、散策中に訪れたい美味しいお茶が味わえるお店をご紹介!日本茶専門店と甘味処に分けてまとめました。

記事作成日:2022/05/24

477view

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2479の口コミを参考にまとめました。

浅草で美味しいお茶を味わえる日本茶専門店

壽々喜園 浅草本店

3.59

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

壽々喜園 浅草本店

「壽々喜園 浅草本店」はバラエティー豊かな日本茶と、お茶を使った和菓子やジェラートが味わえる日本茶専門店とのこと。

つくばエクスプレス 浅草駅より徒歩7分にあります。

壽々喜園 浅草本店

お店で一番人気だという「抹茶ジェラートNo.7」は、世界一濃いと言われる抹茶ジェラートだそうです。

抹茶の濃さを7段階から選べるとのこと。コクと苦みが絶妙なバランスなのだとか。

壽々喜園 浅草本店

こちらは、「4種の抹茶餡だんご お煎茶付き」。

団子の抹茶餡は抹茶の濃さが上から段々と濃くなり、食べ進めていくうちに濃厚な味に変化するとのこと。香り高い煎茶も、味わい深くて美味しいのだそう。

団子の抹茶も1つずつ抹茶の濃さが違う餡で満足度が高い。浅草でランチ後にふらふらしながら抹茶を味わうにはちょうど良いお店。

出典: YJimmyさんの口コミ

・4種の抹茶餡だんご お煎茶付き
最初の餡もかなり濃いめで、一玉一玉、味の変化が楽しい!最後はほとんど渋み、でもこの渋みが順を経ているので嫌さがなくとても美味しいです!冷たいお茶でお口直しもできて満足できます。また行きたいお店です。

出典: N.Gakuさんの口コミ

雷一茶 浅草本店

3.38

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

東京メトロ 浅草駅より徒歩4分にある、日本茶専門店の「雷一茶 浅草本店」。

和の落ち着いた雰囲気の店内では、淹れたてのお茶や和スイーツを味わえるとのこと。散策途中の休憩におすすめなのだとか。

写真は、定番人気だという「お濃茶グリーンティー」。最高級の宇治抹茶を焙煎したという贅沢な一杯とのこと。

喉越しがよく、心地よい苦みと無糖のスッキリとした味わいで、飽きのこない美味しさだそう。

雷一茶 浅草本店 - 抹茶ビール ¥700

こちらは、お店オリジナルの「抹茶ビール」だそう。きめ細かい泡の食感が良く、喉越し抜群とのこと。

ほろ苦く、後味に上質な抹茶の風味を楽しめるのだとか。ティータイムにスイーツと合わせるのもおすすめのようです。

・抹茶ビール
散歩中みつけて、抹茶ビールをぐいーっと、美味しいね。作り方を聞くとご丁寧に説明してくれました。ご馳走さまです。また来ます。

出典: B級スタマック’sさんの口コミ

・抹茶のアフォガード、わらびもち抹茶ラテ
お茶は、煎茶とほうじ茶の2種類出してくれました。どちらも美味しくて感動。

出典: Yuko8844さんの口コミ

増田園総本店

3.19

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

増田園総本店 - ”増田園総本店”の外観。

東京メトロ 浅草駅より徒歩1分の駅近にある、「増田園総本店」。

明治元年の創業という日本茶専門店で、長く浅草の地元客に親しまれているお店だそう。煎りたてのお茶の香りにつられて立ち寄る人も多いという人気店なのだとか。

増田園総本店 - ・「冷抹茶(¥200)」

お茶のメニューは、グリーンティー、冷抹茶、冷煎茶の3種類とのこと。

写真は、甘みがなくスッキリした味わいが好評だという「冷抹茶」。キメが細かく、抹茶の苦みとコクを堪能できるのだそう。

こちらは、定番人気だという「冷煎茶」。淹れたての煎茶は香りがよく、ほどよい苦みが大人の味わいなのだとか。

飲んだ後に残る風味がよく、長く余韻を楽しめるのだそうです。

・冷煎茶
ちょうど通りかかったとき、焙じ茶煎ってたんだよねー。香りに釣られて奥さんが冷煎茶を購入。これはさっぱり味。苦味もほとんどないし果物っぽい酸味があって飲みやすい(^∇^)

出典: まあゆもパパさんの口コミ

・冷煎茶
使い捨てのプラスチックコップ一杯に注がれた冷たい煎茶。適度に効いた渋み。深い味わいもありながら、後味、残る風味が良い。キンキンに冷えていたので、クールダウンするのに本当良かった。ありがとう!

出典: 一老太さんの口コミ

浅草で美味しいお茶を味わえる甘味処

浅草浪花家

スイーツTOKYO百名店2020選出店

3.75

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

名物の鯛焼きとお茶を使った和スイーツが味わえるという甘味処、「浅草浪花家」。つくばエクスプレス 浅草駅より徒歩1分のところにあります。

木を基調にした店内は、開放的でおしゃれな雰囲気なのだそう。

浅草浪花家 - 鯛焼きセット 抹茶

お店の看板メニューだという「たいやきセット」。薄くてパリッと香ばしく仕上がった皮の中には、尻尾まではみ出すほどのあんこが詰まっているとのこと。

甘いあんこと、抹茶の苦みがよくマッチするのだそう。

浅草浪花家 - 鯛焼きセットでほうじ茶たのむと2回お湯のお代わりできる。ベルで店の人にお願いするスタイル。

こちらは、ポットサービスでたっぷりと味わえるという「ほうじ茶」。こだわりの茶葉は、奈良の健一自然農園から取り寄せたものだとか。

ベルでお知らせすると、お湯の継ぎ足しをしてもらえるのだそうです。

・たいやきセット
たい焼きは皮が薄焼きであんこがお豆の味がほっくりとする上品な味ですね。お茶も2回おかわりが出来てしっかりと茶葉の香りのするものでした。

出典: ぺねろぺ☆さんの口コミ

・おしるこ
餅が2個入ってなかなかボリューミーですが、美味しくいただきました❗煎茶は1回だけおかわりしました。ベルを鳴らしたところでスタッフ男性がオーダーを取りに出てきていたのでナイスタイミングでした。この煎茶が抜群に旨いです。ドリンクの品質にもだいぶこだわっているようです。

出典: もう中高年デラックスさんの口コミ

ふなわかふぇ

3.57

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

東京メトロ 浅草駅より徒歩すぐ、浅草雷門のすぐ近くにある「ふなわかふぇ」。こだわりのお茶や絶品スイーツを味わえる甘味処とのこと。

店内は洋風のおしゃれな雰囲気で、居心地がよいのだそう。

ふなわかふぇ - 抹茶&あんトリュフ

写真は、「お抹茶とあんトリュフ」。可愛いマグに入った抹茶は、香りがよくコク深い美味しさとのこと。

あんこをチョコレートでコーティングした「あんトリュフ」は、和と洋の組み合わせが絶妙なのだとか。

ふなわかふぇ - 芋ようかんソフトパフェ

写真の「芋ようかんソフトパフェ」は、上品な甘みと芋のほっくりした美味しさを味わえるのだそう。

芋ペーストと芋ようかんの濃厚な味と、軽やかなコーンフレークが良いバランスなのだとか。

・舟和の芋パフェ
お芋とパフェの融合はなかなか良いです。おいしくてボリューム満点。積もる話に時間のたつのも忘れ、何度も日本茶のお代わりをしていただいて、幸せな時間でした。浅草散策の休憩にはお薦めのカフェです。

出典: asparaさんの口コミ

・冷抹茶とあんこ玉
さっそく冷抹茶を飲みますが、冷抹茶は砂糖などは入っていないので甘くはなく、喉の乾きを癒し美味しいです♪念願のあんこ玉は、さすが餡が上質さを感じそして甘く美味しかったですね♪人気の理由が分かりました♪

出典: nyanko001さんの口コミ

舟和 本店

3.55

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

東京メトロ 浅草駅より徒歩4分の場所にある甘味処、「舟和 本店」。明治35年創業という、長く浅草で親しまれているお店だそう。

店内は高級感のあるクラシックな雰囲気で、贅沢なお茶の時間を楽しめる空間なのだとか。

舟和 本店

お店で一番人気だという「焼芋ようかんとお抹茶のセット」。

香ばしく仕上げられた焼き芋ようかんは、芋の香りとバターの風味が豊かな一品とのこと。抹茶との相性も抜群なのだとか。

写真の「みつ豆」はプルプルの寒天にもちっとした求肥、あんみつの甘さと甘酸っぱいフルーツのバランスがよく、それぞれが美味しいのだそうです。

お茶ともよく合うとのこと。

・冷抹茶セット(芋羊羹)
冷抹茶はデフォルトだと甘さのない苦味の強いものです。今回は糖分を控えめにするために甘さを足すのは控えました。芋羊羹は、着色料、保存料、香料を使用せず、さつま芋の味わいがしっかり出た自然な甘みのある羊羹。硬さも多少あるかなという印象です。美しい山吹色のビジュアルにも惹かれます

出典: FB(あんぷく)さんの口コミ

・焼き芋羊羹セット
舟和の芋羊羹は、焼いても美味!でした!モナカもお抹茶もアイスもおいしかった!!店員さんも、明るく素敵なお店でした!

出典: なみさざさんの口コミ

西山

3.52

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

1852年創業の和菓子店、「西山」。店内で作るできたての和菓子や、上質なお茶を味わえる甘味処とのこと。

東京メトロ 浅草駅より徒歩1分という、駅からすぐのところにあります。

こちらは、「福々まんじゅうセット」。まんじゅうは蒸したてで温かく、ほんのり甘みのある生地にたっぷりのあんこが入り美味しいのだそう。

ポットサービスの煎茶は、茶葉にこだわった香り高い上質なお茶なのだとか。

お茶タイムに人気だという「特製 西山あんみつ」。バニラと抹茶のアイスに、求肥とフルーツがのったスイーツとのこと。

あんこは、粒あんとこしあんの2種類がトッピングされていて、甘みと食感の違いを堪能できるのだそう。

・おしるこ
白玉が実にソフトで適度に満腹感を感じます。又添えられた焙じ茶の旨いこと。香り豊かで旨みが高い。素晴らしい時間を過ごす事が出来ました。

出典: BEAT MRさんの口コミ

ほうじ茶は、いわゆる番茶の香ばしいほうじ茶ではなく、多少棒茶の要素が入っている感じで、少し上等な感じですw。味に安定感があり、ちょっとかわいらしいルックスで、なるほど、評価が高いのもわかるような気がしましたw

出典: まりゅたさんの口コミ

梅園 浅草本店

3.51

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

東京メトロ 浅草駅より徒歩2分にある、「梅園 浅草本店」。1854年創業という、歴史ある甘味処とのこと。

アットホームな雰囲気の店内は、散策途中の休憩におすすめだとか。

梅園 浅草本店

お店の名物メニューだという「粟ぜんざい」。あんこはなめらかで、口の中でとろけるようなんだとか。

濃厚なあんこの甘みに、ぷちぷちした食感が良いアクセントになっているそう。セットのお茶も香り高く、美味しいとのこと。

こちらは、お茶の時間に人気だという「白玉あんみつ」。あんこの甘みがちょうどよく、寒天の食感や白玉のやわらかさが絶妙なのだとか。

途中で黒蜜をかけると、また違った味を堪能できるのだそうです。

・粟ぜんざい
たっぷりの日本茶、香のもの(紫蘇の実の漬物)、蓋付きの漆腕がやってきました。蓋を開けると、温かな湯気が一瞬立ちます。モチモチの黄色い粟もち。食感と香りがなんとも…。粘りも重力たっぷり。そこへアツアツのなめらかなあんこ!粟もちにたっぷり絡みます‼︎

出典: 藤猫さんの口コミ

・粟ぜんざい
初めて粟ぜんざいというものを食べましたが、とても美味しかったです。クセや食べにくさみたいなものも全くありませんでした。浅草で食べる甘味・和菓子は最高に風情があって美味しいですね。

出典: Hinkyaku-Junshiさんの口コミ

※本記事は、2022/05/24に作成されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ