【六角家】家系御三家 六角家系譜の家系ラーメン店 その①(NO1~23)★修正中★

【六角家】家系御三家 六角家系譜の家系ラーメン店 その①(NO1~23)★修正中★

※2020.09.19画像差し替え及び店舗削除※ 「吉村家」が起源とされる横浜家系ラーメン。 その歴史の中で本牧家と共に「家系御三家」と呼ばれる老舗の六角家。 ここの姉妹店や独立店は全国に多数。 ここでは実食済の六角家系譜のラーメンをご紹介します(孫の代まで)

キーワード
醤油ラーメン
名物
駐車場あり
駅前・駅近

更新日:2020/09/19 (2016/02/10作成)

64398view

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまとめ記事は食べログレビュアーによる2401の口コミを参考にまとめました。

六角家

※2020.08.19※ 画像差し替え及び本店以外の閉店店舗を削除致しました。

*************************************

【閉店】六角橋にあった六角家の本店は、
2017年に惜しまれつつも閉店してしまいました。

一時代を築いた名店の閉店にショックを隠せませんが、
それも何となく時代を感じますね(@_@)

戸塚の支店及びここの姉妹店、独立店にはこれからも
六角家スピリッツを貫いてがんばってほしいです(T_T)

*************************************

かつて「吉村家」の2号店であった「本牧家」で
店長をつとめていた神藤氏が独立。

そして開業したのがこの六角家。
本店は横浜の六角橋にあります。

ちなみに吉村家からの暖簾分けではありません。
色々な確執もあったようですね。

支店だけでなく、ここの姉妹店やここで修行→独立した店舗は全国に多数。

「横浜家系」の歴史の一端を担ってきた名店と言っても
過言ではないでしょう。

強烈な豚骨臭が漂う店内。
昔ながらの家系の味を守っているのか、
本牧家系譜と共に「クラシック系」「オールドスタイル」とも呼ばれることもある。

青磁の丼(一部例外あり)に注がれたスープを覆うタップリの鶏油。
豚骨感をしっかり感じるものの、強すぎない醤油感はバランス型のスープ。

スモークしていないチャーシューは肩ロースが定番。
バラを使ってるお店もありますね♪

海苔は被せ気味の配置のお店が多い。

麺は酒井製麺製を使用している(独立店には一部例外あり)
硬めで頼んでも、比較的柔らかめでの提供が多い。

トッピングは「キャベチャー」が名物。

味濃いめを「あじこめ」と表記。また「油抜き」というのがあるのもこの系譜の特徴。

かつて横浜ラーメン博物館にも出店し、今ではセブンプレミアムでカップラーメンにも。
その知名度は吉村家にも負けず劣らず。

ここでは実食したお店のみ掲載します。

※画像の質が悪い店については、少しずつ差し替えて行きますのでご容赦下さい。

※あくまで私見ですので、訪店の際は自己責任でお願いします。

※このまとめ記事に関しての批評、反論等は受けかねます。
(ただし、間違いなどがある場合には修正致しますのでご指摘下さい)

※他サイトなどでの無断転用は禁止とさせていただきます。

六角家 六角橋本店

3.52

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.1【六角家 六角橋本店】

★残念ながら2017年に閉店致しました★

神奈川県内でも稀に見る
家系ラーメン店の激戦区、
六角橋にあります。

近隣には吉村家直系の末廣家。
元直系で家系四天王だった
「王道家」系列のとらきち家。

他にも数店。
しのぎを削っています。

六角家にも家系の老舗として頑張ってほしいですね♪

この系譜の特徴である
鶏油たっぷりのスープ。

熱々です。

獣臭もするもののザラつきなどはなく、
醤油感も強すぎない
バランス型のスープ。

直系とはベクトルが違うものの
これはこれで
ハマってしまいますね。

例外はあるものの
酒井製麺の麺を使用している
お店が多いです。

硬めでお願いしても
気持ち柔らかめで提供されます。

モッチリ感はありますが
コシは足りないかも。

しかし酒井の麺は
やっぱり美味しいですね。

チャーシューは
直系のようにスモークしたものではありません。

肩ロースが定番。

適度な柔らかさと脂身があります。

海苔は
丼に被せ気味に配置するのも
この系譜の特徴です。

お店によって差があります。

この日の海苔増しは増しが8枚でしたが、
日によって枚数が違うような(-_-)

ほうれん草は
風味がいいです。

この日は量がかなり少なめでした。

六角橋にあります。

激戦区で頑張ってます。

家系が好きな方は
一度は行ってみて頂きたいお店です。

豚骨臭が苦手な方には
ちょっとつらいかも…

六角家 戸塚店

3.58

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.2【六角家戸塚店】※支店

以前は都内、千葉などにも
支店が数件ありましたが、
すべて閉店。

六角橋の本店も閉店してしまったので、
この屋号も今はここ戸塚店のみです。

末期の六角橋の本店よりも
こちらのほうがスープの豚骨感が強く
バランスよく感じます。

これからもがんばって欲しいですね♪

獣感のあるスープは、
しっかりした豚骨のダシと鶏感を感じ、
コクと旨味があります。

たっぷり入った鶏油の風味もいいですね。

まさにバランス型のスープです。
ハマりますね♪

酒井の麺は適度な硬さで提供されました。
コシもモッチリ感もあり
美味しかったです。

スープとの絡みもいいです。

肩ロースのチャーシューは
脂身も多い部分でした。

とても柔らかく味付けもベストでした。

海苔は被せ気味で提供されます。

しっかりした海苔で、
風味も良かったです。

ほうれん草は茹で加減は柔らかめ。

細かめにカットしてあるので
ちょっと食べにくいかも…

戸塚駅からは少し離れています。

テーブル席も4卓あり、
ゆったりした店内です。

わずかですが駐車場有。
近隣にコインパーキングもあります。

雷家

3.57

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.3【雷家】※六角家姉妹店

川崎駅から少し歩いた所にあります。

ビジュアルもなかなか良いですね♪

接客も良く
地元で人気のお店です。

鶏油タップリのスープは
バランスがいいですが気持ち優しめ。

個人的にはもっと
醤油感が強くてもいいかな。

しょっぱめが好きな方は
是非味濃いめで(^o^)

酒井の中太麺は
ウェーブしています。

モッチリ感とコシが両立していて
なかなか美味しいです。

肩ロースのチャーシューは
大きめなものの厚さが薄め。

味付けはベストで美味しいです。

海苔は厚みがありしっかりしてます。

増しが7枚で100円。

ほうれん草は
本来の味わいをしっかり感じる物。

美味しいです。

後乗せのネギが
個性的です。

川崎駅から
横浜方面に歩くとあります。

近隣にはコインパーキングもあります。

カウンターのみ10席ほどのお店です。

吉田家

3.43

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

NO.4【吉田家】※六角家姉妹店

こちらは伊東の135号沿いにある老舗です。

デフォで生キャベツが乗ってるのがここの特徴です。
静岡東部。またかつてこちらの支店があった長野県の家系においては、
ここの影響からか、
デフォルトで生キャベツが乗ってるお店が多いですね。

長野の「よし家」伊東の「じぇんとる麺」
三島の「捲り家」
などを輩出しています。

鶏油たっぷりのスープ。

風味がとてもいいです。

ほどよい豚骨感。醤油感もしっかりで
熱々のスープです。

なかなかバランスが良かったです。

製麺所不明。

六角家姉妹店ですが、
酒井製麺ではないようです。

平ザルでしっかり湯切りされた麺は
しっかり硬めで提供されます。

平打ちで若干縮れた麺は、
モッチリ感はイマイチながら
コシがありスープに合います。

肩ロースのチャーシューは
若干小振りなものの、

厚みがあり脂身もちょうどよく
柔らかでいい味付けで美味でした。

海苔は増しが7枚。

厚みがありしっかりしていました。
丈夫で、風味もなかなか良かったです。

ほうれん草は食感、味ともにいいものの
量がかなり少なめ。

こちらの特徴である
生キャベツがデフォルトでトッピングされます。

近隣にキャベツが乗った家系が多いのも
ここと関係があるかないかは別として、こちらの影響が大きいでしょうね。

小ライス。

ごはんにもキャベツの漬物が
乗っていました。

口直しにいい感じです。

伊東の川奈の135号沿い。

パチンコ店と併設されています。

洞くつ家

3.59

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.5【洞くつ家】※六角家姉妹店

吉祥寺駅近くにある人気店です。

しっかりした豚骨感と醤油感。
六角家イズムを継承した
バランスのいいラーメンを頂けます。

スープは鶏油多め。
とても風味がいいです。

少し獣感もあるスープは
豚骨のダシがしっかりしていてコクがあります。

醤油も気持ち強めのバランス。

好きな方なら間違いなくハマりますね。

酒井の中太麺は若干縮れてています。

この日はしっかり硬めで提供されました。
スープとの絡みも良かったです。

肩ロースのチャーシューは
クラシックな食感で、
味付けは控えめ。

海苔は増して8枚。

スープに浸しても強さがあり
風味も良かったです。

ほうれん草は量は普通。

柔らかめでしたが、
風味は良かったです。

吉祥寺駅至近にあります。

間口は狭いですが、
店内は奥行きが広く
ゆったりした造りです。

竜家

3.55

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.6【竜家】※六角家姉妹店

寒川にあります。

全体的におとなしいバランスながら
系譜をしっかり感じる
美味しいラーメンを頂けるお店です。

こちらは鶏油はかなり多めで層が出来ています。
鶏の香りがいいですね。

豚骨感もしっかり感じます。

たっぷり入った熱々なスープはいいですね。

酒井の麺はしっかり硬めで提供されました。

この系譜では珍しいかも。

コシ、モッチリ感どちらも感じて
美味しかったです。

チャーシューは脂身が少なく硬め。

でもしっかり味がついてました。
生姜の風味を感じましたね。

なかなか良かったです。

見た目は薄い海苔ですが
風味は良かったです。

ほうれん草も多め。

しっかりと本来の風味が残っていました。

寒川のロードサイドにあります。

個性的な外観はとても目立ちます。

駐車場はありますが
台数が少なく、
停めにくいので注意です。

オノミチ

3.54

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.7【ONOMICHI】※六角家姉妹店

狩場インター近くにあるこちらは
六角家の姉妹店です。

パチンコ店の敷地内にあります。

タップリの鶏油と熱々なスープ。
六角家系譜をしっかり感じながら
バランスのいいラーメンを頂けます。

海苔をどかすと、こんな感じ。

この系譜らしい
たっぷりの鶏油で
コーティングされたスープは熱々です。

出汁感はしっかりしているものの
醤油感は少し控えめ。

酒井の麺は気持ち柔らかめ。

コシは足りないものの
モッチリしていて美味しい麺ですね。

チャーシューは
若干小振りだったものの、
肉々しく
味わいは良かったです。

海苔は増しが7枚。

完璧に丼に蓋をしてしまう配置。
これもこの系譜ならでは。

少し小振りながら、
なかなか風味が良い海苔でした。

ほうれん草は多めでした。

柔らかめな茹で加減。

たっぷり脂を吸ってくれますね。

狩場インター近くの
東海道沿いにあります。

家系らしからぬ
シンプルな外観。
パチンコ屋さんと併設。

しかし店内に入れば
しっかり豚骨臭がして
家系感を感じられます。

横浜らーめん寿三家

3.40

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.8【寿三家】※六角家姉妹店

千葉の我孫子にあります。
元々は都内の蔵前にありましたが、
ビルの建て壊しにより最近移転されました。

六角家系譜の中でも、
なかなかクオリティが高いラーメンを頂けます。

豚骨感、醤油感ともにしっかりで、
強めのバランスのスープは移転しても健在です。
美味しいですね♪

酒井の麺は適度な硬さで提供されました。

モッチリ感もあって美味しかったです。

肩ロースのチャーシューは、
しっとりしてジューシーな食感でした。

海苔増しは7枚120円。
別皿で提供されます。

風味はいいけど、
スープに浸すと少し弱めなので
別皿で正解かも。

ほうれん草はかなり多め。

茹で加減は柔らかめでした。

我孫子の手賀沼沿いにあります。

店舗裏に駐車場あり。

笑の家

3.51

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.9【笑の家】※六角家姉妹店

南麻布にあります。

「こんなセレブな街に家系が??」と思う
立地にあります。

気持ち甘みも感じるスープは
豚骨感はしっかり感じるものの
鶏油は多めでマイルドなバランス。

都心でもしっかり
六角家系譜を楽しめます。

たっぷりの鶏油に覆われたスープ。

醤油のコクも感じますが、
甘みのある豚骨感は
全体的にはマイルドなバランスです。

酒井の麺は
他より気持ち細めに感じました。

茹で加減は普通寄り。

細い分、モッチリ感には欠けるものの
コシがあり美味しかったです。

チャーシューは小振りで硬め。

ある意味懐かしさを感じますが、
もう少し脂身や
ジューシーさが欲しいと感じる食感でした。

海苔は増しが7枚ですが150円。

厚みがありしっかりした強い海苔でしたが
風味は少し弱めでした。

ほうれん草は量は普通。

茹で加減はよく
食感や風味も良かったです。

麻布十番から古川橋方面に向かうとあります。
平日19時以降と土日は
駐車禁止除外となるので、
お店の前に路上駐車可能です。

都心では嬉しいですね。

はねだ家

3.48

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.10【はねだ家】※六角家姉妹店

甲府市内にあります。

店主はかつて「六角家羽田店」に居たことから
今の店名になってるようです。

地元で常連に支持されている
人気店です。

海苔をどかしたらこんな感じ。

バランス型のスープ。

見た目の色は薄めに見えますが、
混ぜると実際は醤油感が強いです。

この日は少しスープが温く
残念でした。

でもバランスはいいです。

製麺所不明。

麺は寸胴で茹でて平ザルで上げています。

丁寧にほぐした麺は
若干縮れ気味。

モッチリ感もあり
美味しい麺でした。

チャーシューはバラで
柔らかいタイプ。

粗挽きのコショウが
まぶしてありました。

少しスープに影響が出ちゃいますね(@_@)

海苔増しは7枚100円。

小さめな海苔でした。

厚みや強さはありましたが
風味はまずまずな感じ。

ほうれん草は
風味はまずまずなものの、
若干冷えていました。

甲府昭和インターの
すぐ近くにあります。

駐車場完備。店頭に8台ほど。

金八家

3.55

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.11【金八家】※六角家姉妹店

金沢区にあります。

ここはマイレビュアーさん達のコメントが
人によって違います。
ブレるのかな?

また確かめに行ってみようと思います。

スープは豚骨は感じるものの
醤油感は弱めでマイルド。

甘みを感じます。

鶏油も少なくはないものの
風味は弱めに感じました。

個人的にはもう一度
リベンジしたいと思ってます。

酒井の麺はかなり
柔らかめで提供されました。

少し縮れています。

コシはなかったですが
麺自体は美味しいですね。

チャーシューは柔らかく
味付けもちょうど良かったです。

海苔はしっかりしていました。

スープに浸しても強いものの
風味はまずまずな感じでした。

ほうれん草は多め。

柔らかめな茹で具合。

風味は弱めに感じました。

モダンな外観。

近隣のコインパーキングに停めたのを
申告すると、
トッピングを無料サービスしてくれます。

八家

3.42

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.12【八家】※六角家姉妹店

16号沿いの和田町にあります。

姉妹店の中では比較的新しいお店ですが、
吉村家、六角家で長く修行された方が
店主をされています。

ゆったりした清潔感のある店内です。


熱々のスープでした。

この日は獣感は感じるものの
豚骨、醤油感ともにライトなスープでした。

ただ、そのバランスは
六角家をしっかり感じさせます。

酒井の麺は
かなり柔らかめでの提供でした。

気持ち白っぽく見えました。

これも系譜を感じますね。

チャーシューはジューシーで
適度な脂身と柔らかい食感。

美味しかったです。

こちらは海苔を立て掛けるタイプでした。

同じ系譜でも色々ありますね。

しっかりしたタイプで
風味もいい海苔でした。

ほうれん草は
本来の風味がしっかり感じられました。

少し柔らかめでしたが
美味しかったですね。

16号沿いにあります。

駐車場はありません。

車の方は、
道路を渡った所に
広いコインパーキングがあります。

蔵前家

3.55

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.13【蔵前家】※六角家姉妹店

浜松市郊外の細江にあります。

地元でも支持されていて
待ちが出るほどの人気店です。

静岡でも本格派の家系を
広めて行ってほしいですね。

羽釜で炊いているスープは、
豚骨感をほどほどに感じるものの
獣感はありません。

この系譜の中でも最もマイルドで
甘みやクリーミーさも感じます。

醤油感も控えめで万人受けするスープです。

酒井の麺は
普通寄りの茹で加減。

モッチリ感があり良かったです。

チャーシューはこの系譜には珍しく
バラロールでした。

味付けは控えめでした。

海苔は増しが7枚。

小振りなものの
強さも風味もしっかり。

なかなかいい海苔でした。

ほうれん草は少ないものの、
本来の風味。
食感がしっかりしてて好きなタイプ。

美味しかったです。

スープは寸胴でなく
巨大な釜で茹でていました。

外観、店内ともモダンで
家系らしくない佇まい。

客層も幅広く
浜松で支持されている人気店です。

横浜家系らーめん りゅう

3.36

夜の金額: ¥1,000~¥1,999

昼の金額: ~¥999

NO.14【りゅう】※六角家姉妹店

追浜にあります。
2017年にオープンした
後発の姉妹店です。

全体的にはおとなしめな印象。

まだまだこれからが楽しみですね。

バランス型のスープ。

豚骨感は他の姉妹店に比べると弱め。
全体的にはマイルドで
クセがなく飲みやすい味わいでした。

酒井の麺は気持ち柔らかめ。

でもモッチリしてて
酒井らしさを感じる麺です。

肩ロースのチャーシューは
脂身があってジューシー。

いい食感でした。

ほうれん草は多め。

柔らかめの茹で加減ですが
風味は良かったです。

海苔増しは6枚100円。

気持ち薄いですが
磯の香りがするタイプで
風味は良かったです。

追浜駅近くにあります。

武蔵家

3.62

夜の金額: ~¥999

昼の金額: -

NO.15【吉祥寺武蔵家】※元六角家姉妹店

今は六角家姉妹店ではなくなりました。

同じ店名の新中野系の武蔵家は、
たかさご家→中野系武蔵家という
系譜ですので、こちらとは別です。

新中野系よりこちらのほうが
本流系譜を感じるバランスです。

若干粘度があるスープはなかなかの獣感があり、豚骨をしっかり感じます。

ザラつきはありませんが、
コクがあります。
醤油感はほどほどながら塩分は結構強め。

この中では濃厚な部類に入ります。

三河屋の麺は平打ち気味。

少しツルツルした食感でした。

チャーシューは肩ロース。

しっかりした食感で
クラシックな味わいでした。

海苔増しは7枚100円。

スープに浸しても強く、
風味もなかなか良かったです。

ほうれん草は多め。

本来の味わいがして
美味しかったです。

吉祥寺駅の近くにあります。

近隣には、
六角家姉妹店である「洞くつ家」
新中野武蔵家系譜の「武道家」があり
激戦区でしのぎを削っています。

上々家

3.49

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.16【上々家】※六角家から独立

元六角家 羽田店を引き継ぎ独立。

大鳥居の駅から近い所にあります。
街中ながら駐車場も完備。

店内は強烈な豚骨臭が漂います。

都内のこの系譜の中でも
最も六角家らしさを感じられる人気店です。

鶏油タップリのスープ。

この日はたまたまか、
豚骨感、醤油感ともにおとなしく思えました。
六角家らしさは十分に感じるバランスです。

酒井の中太麺。

気持ち柔らかめで提供されます。
モチモチしてて
コシは足りないものの
やはりこの麺は美味しいですね。

ロースのチャーシューはかなり大ぶり。

味付けは良かったです。
食感がしっかりしたクラシックなタイプですが、
肉々しいチャーシューが好きな方は
満足できるでしょう。

海苔は増して10枚。

増しが7枚100円。

厚みがある海苔は、
スープに浸しても強さがあり
風味もなかなか良かったです。

被せ気味の配置は
系譜を感じますね。

ほうれん草は味わいはいいものの
少し量は少なめ。

大鳥居駅近くの
環八沿いにあります。

テーブル席も多数。

大人数や家族でも
利用できます。

3.53

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.17【巓】※六角家から独立

こちらはかつての
六角家船橋店(閉店)から独立された
店主のお店です。

バランスのいい一杯を頂けます。

鶏油の香りが良く
熱々のスープ

豚骨や鶏のダシ感はしっかり感じるスープですが、
それでも系譜の中ではライトなバランス。

醤油感が前面に出てくるスープです。
なかなかキレがありますね(^o^)

酒井の中太麺は
見たことのないような真四角の大きなテボで茹でていますので湯切りもスピーディ。

硬めオーダーで適度な硬さで提供されます。

コシがあり食感が良かったです。

チャーシューは脂身が少ないですが
味がしっかりしてて柔らかかったです。

でもこの日は少し小ぶりでした。

ほうれん草は
柔らかめですがいい味わいです。

本来の風味が残っています。

海苔は増しが6枚100円。

緑色の海苔は、
磯の香りが強く
風味はなかなか良かったです。

葛西橋通り沿いにあります。

駐車場はありませんが、
近隣にコインパーキングがあります。

秀吉家

3.67

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.18【秀吉家】※六角家から独立

滋賀県の守山市にあります。
名前は「ひでよし」じゃなくて
「しゅうきち家」です。

食べログでの評点も高い人気店。

家系がほとんどない滋賀県でも
六角家系譜の本物の家系を頂けるお店です。

鶏油多めのスープ。

風味やコクをしっかり感じます。

全体的にはおとなしめですが
とてもまとまったバランスのいいスープ。

スープが少なめなのが残念です…

酒井製麺の中太麺。

若干茹で加減は柔らかめ。
モッチリ感は最高です♪

肩ロースのチャーシューは
柔らかく、いい味わいでした。

海苔増しは4枚50円。

若干薄めで目が粗い海苔ですが
風味はなかなか良かったです。

ほうれん草は量は普通。

食感は悪くないですが
風味は少し弱かったです。

JR守山駅から
少し歩いた所にあります。

駐車場は店頭に3台ほど。

てっぺん家 元住吉店

3.54

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.19【てっぺん家】※六角家から独立

元住吉の駅から近くにあります。

醤油ラーメン以外のメニューも多数。

ビールの種類も充実しています。

外観からしても
系譜を感じさせないモダンな雰囲気。
人気店です。

鶏油の風味がふんわり香るスープ。

豚骨感はしっかりあるものの、
甘みも感じるスープは
マイルドなバランス。

醤油感は少し弱めでした。

増田製麺の平打ち麺は
個性的なテボで茹でられています。

ツルツルしていますが、
モッチリ感もありました。

小麦感を感じられるなかなか美味しい麺です。

チャーシューはバラロール。

柔らかく脂も適度でいい味わい。
胡椒がかかってます。

上にナルトが乗ってますね(^o^)

海苔は増して10枚。

増しが7枚100円です。

強さもあり
香り、風味がとてもいい海苔です。

家系の海苔ではトップクラスでしょう。

ほうれん草は少し少なめ。

柔らかいものの
本来の味わいをしっかり感じます。

家系には珍しく
もやしがトッピングされてます。

個性的ですね。

シャキシャキしてました。

元住吉駅からすぐ近く。

家系としては洒落た雰囲気の外観。

店内もモダンです。

テーブル席もあります。
接客もいいです。

横浜家系ラーメン 戦国家

3.43

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.20【戦国家】※六角家から独立
(元=いち家)

2015.11月まで、横浜で営業されていた
「いち家」さんが
東大阪に移転しオープンされたお店です。

大阪に移転しても
六角家イズムを広めていって
欲しいですね(^o^)

鶏油タップリのスープ。

横浜にあった時よりは、
獣感や豚骨感は控えめで
マイルドになった気がします。

甘みを強く感じる豚骨スープです。

酒井のストレート麺は
移転し少し細めの物に変えたそうです。

モチモチしてて良かったです。

バラのチャーシューは2枚♪

チャーシュー好きな方は嬉しいですね。
柔らかく、味わいも良かったです。

海苔は増しが7枚。

被せ気味のレイアウト。

スープに浸してもヘタらない
しっかりした海苔でした。

ほうれん草は量は多くないものの、
本来の風味と味わいをしっかり
感じて美味しかったです(^o^)

「あじこめ」「油抜き」表記は
六角家系譜を感じさせます。

東大阪にあります。

最寄駅は東花園駅でしょうか?

大阪でも本格派の家系を
広めて行ってほしいですね。

二代目 梅家

3.54

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.21【二代目梅家】※六角家から独立

本厚木にあります。

店内は強烈な豚骨臭が漂います。

バランスのいいスープで
系譜をしっかり感じます。

激戦区の厚木で、直系の「厚木家」と共に
本格派のラーメンを提供しているお店です。

海苔をどかすとこんな感じ。

鶏油の風味がいいです。

豚骨感、ダシ、醤油感。
ともにバランスはいいものの
全体的に控えめ。

優しい味のスープです。

麺はもちろん酒井製麺。

断面が少し四角っぽく見えました。

太めでモッチリ感もありますが
もう少しスープが強ければ
更に合うなあって感じ。

チャーシューは肩ロース。

柔らかく脂身も適度にあり
美味しかったです。

海苔は増して8枚。

5枚80円です。
小振りですが強さもあり
風味もまずまず。

ほうれん草は柔らかめ。

風味も少し弱かったです。

間口は狭いですが
赤い看板の外観は目立ちます。

街中ですが
近隣に提携駐車場有。

らーめん 井上家

3.14

夜の金額: -

昼の金額: ~¥999

NO.22【井上家】※六角家から独立

弘前市内にあります。

ここ青森でもしっかりと
六角家イズムは継承されていました。

地味な外観ですがなかなかの人気店です。

醤油感強めのスープ。

豚骨のコクや鶏油の香りよりも
上回ってしまうバランスでした。

酒井の中太麺は普通寄りの茹で加減。

コシがありましたが、
モッチリ感はあまりない食感でした。

肩ロースのチャーシューは、
少しハムっぽい食感。

柔らかいけど個性的でした。

ほうれん草は適量。

本来の味わいがして美味しかったです。

海苔増しは7枚100円。

しっかりした海苔でした。

土地柄からかわかりませんが、
大半のお客さんが海苔増しをしてました。

弘前市内にあります。

目立たない外観ですが、
待ちが出るほどの人気店です。

田村家

3.45

夜の金額: ~¥999

昼の金額: ~¥999

NO.23【田村家】※六角家から独立

館林郊外にあります。

しっかり駐車場も完備した
大箱のお店です。

地元に根付いている人気店です。

鶏油は風味はしっかり。

粘度があるスープは
豚骨感、醤油感ともに
バランスがいいスープです。

少しマイルドな味わいです。

麺は丸山製麺の平打ち麺。

長さがあって、コシはありますが
モッチリ感には欠けるタイプでした。

肩ロースのチャーシューは
薄めですがかなり大きめ。

脂身もあり
柔らかかったです。

海苔は増しが7枚。

厚みがあるものの
スープに浸すと弱め。

風味はまずまずでした。

ほうれん草は柔らかく
しかも量が少ないです。

風味も弱かったですね。

館林郊外にあります。

家系っぽくない外観。

しっかり駐車場完備です。

※本記事は、2020/09/19に更新されています。内容、金額、メニュー等が現在と異なる場合がありますので、訪問の際は必ず事前に電話等でご確認ください。

ページの先頭へ